So-net無料ブログ作成

やっぱりはずせないソウルコンサート~1日目~ [sg WANNA BEバカ日記]

ぎゃーーー!(悲鳴)

 

ブログがエラーで保存されなかった!!(怒)

すっごく長く書いたのにぃーー(涙)


…と、また途中から書き直しになったショックでテンション下がりまくってふて寝してしまい、その後しばらく「やってらんねぇ…」とソネブロを開かない日々が続きました。ガックリ。

日が随分経ち(経ちすぎですってば…)、書くネタもあんまり思い出せませんが、しかし途中までは書いた分は保存になっているのでやっぱり書き上げてしまいます…。
今更ですけどいいですかねぇ…。
どっこいしょっと。(←重いお尻をあげている)

 

さてさて、sgにハマってしまい「全国ツアーは京畿道圏だけじゃない」と、地方公演の旨味に味を占めてしまった私ですが、だからといってソウルを外すわけにはいきません。

今年のソウルコンサートは二日間開催されました。
…で、二日間共行って来てしまいました。

 

ソウルコンサートの会場になったのは光化門にある世宗文化会館。

私の中では「私とは無縁(?)なカテゴリーの公演をする会館」っていうイメージだったので、最初にこの会館でやると聞いた時は「?」って感じでした。
が、後で分かったところ「チョ・ヨンピル、パティ・キム、インスニ、キム・ゴンモなどなど…ベテランの一流歌手だけが公演を許されている伝統と格式のある会場」だそうな。

となると「そんな立派なところでコンサートをさせてもらえるなんてウチの子達も立派になったのね」なんて嬉しく思う一方で、公演情報を見たら

VIP席(6集CD付)121,000ウォン(VAT込)

って!!!

たかいってば…(涙)
(しかも6集CD何枚も持ってるってば)

それでもファンの私なんかは12万ウォン出しちゃいますけど、ファンじゃなかったらこんな高いお金出してsgのコンサートなんか観ようと思わないんじゃないでしょうか…しかも平日だし。
なんて思っていたんですが、チケットの発売と同時にアクセスするもあっという間に席がなくなっていき端っこや後ろの方の席しか残らず…。
しかしありがたいことに、余分に取れたという仲間からちょっとサイド寄りながらも最前列(!)のチケットを譲ってもらえることになりました(涙)。

その後もちょくちょくチケットサイトをチェックしてみたりしたんですが、12万ウォンの席は日に日に空席が増えて行きました。
いやぁ、高くても売れるもんなんですね。

 

平日の公演ということで夜8時開演、普段はダラダラと残業している私も今日ばかりは「コンサート行くので5時以降に急な仕事頼まないでください」と冗談半分(本気半分)で同僚に伝えておき久々に6時定時退社して会場に向かいました。

ただ、先週の大邱ではちょっと満足出来なかった為、開演前の気分は期待半分不安半分。
先週と同じ内容で満足できるのかというのがあったもんで。
でも、ソウルコンサートだけの特別な構成があったりするのでそれを期待しつつ会場に入りました。

その世宗文化会館、初めてやって来たんですが、いやぁイイ施設ですね。
ラグジュアリーです。
過去のコンサートでは城南のオペラハウスとか、安山のヘオルム劇場なんかもよかったんですが、それをもっともっと規模を大きくして格式高くした感じで、これまでのコンサート会場とは違う魅力があります。

お陰でテンションがまた上がりつつ自分の席に向かう途中ですっかりお馴染みのジノママが席に座っていらっしゃるのを発見し、ちょっぴりご挨拶をさせていただきました。
と、ふとジノママの後列の座席に目を向けると、最近よくテレビでお見かけするお二人…ヨンパパとヨンママでした!
ヨンパパ、テレビで見たとおり髪フサフサでした(笑)。

立派な会場でのコンサート、そりゃあ親御さんも楽しみにいらっしゃっていることでしょうし、
三人も気合が入っているだろうと思うとますます期待が高まりました。
(ソクンのご両親も近くにいらっしゃるかな?と思ったもののお顔を存じ上げないのでわからず…後で知ることになりますが)

で、最前列の席に座ってみたら座り心地いいしステージ近いし!
おまけに座席の前にはモニターまであるし。すごい。

今日のコンサートでは特別な演出として20人(だっけな?)のバンドとのジョイントするというような記事を読んでいたように、普段こういう会場でsgがコンサートをする時には閉じられてステージになっているオケピブースに椅子と楽器、マイク、ピアノなどがセットされています。
なので「ステージ近い」と書きましたが、実際に三人が立つエリアはオケピブースの後ろになると思うので若干遠めかと思われます。
っていうか、バンドがココに座っちゃうと一番前の席だと三人の姿が全然見えないと思うんですが…。どうなるんだ?

私達の1列後ろに座った顔なじみのファンの人から「さっきロビーでドンハに会ったよ!」という話を聞いて興奮したりしながら開演を待っていると、開演予定の8時をちょっと過ぎた頃に客席が暗くなり、オケピにバンド…というか楽器隊といいますか、正装した管弦楽器楽団の人達が登場、そして一緒に登場した女性のジャズ歌手の人がバンドの演奏に合わせて「ラララ」「運命に逆らって」「コジンマルマ」なんかをジャズアレンジで軽やかに歌います。
おぉ、さすが世宗文化会館!ステキな雰囲気です。
アックジョンのOnce in a blue moonにいる気分♪(←実際に行ったことないけど)

このステージの登場にsgがジョイントして開演かと思って今か今かと登場を待っていたら三人は登場しないままジャズステージは終了。
バンドの人達が退場していくとオケピの部分がグイーンと沈んで行きます。うわー。

そして前回のコンサート同様に映像が流れた後に「サランヘ」の歌声と共にステージに三人のシルエットが映し出されます。
大邱では薄い幕の後ろにいる三人のシルエットが実際に映りましたが分厚い緞帳ゆえにステージに立っている三人の姿は映らず、ニセモノのシルエットが登場しました。

緞帳が上がり本物の三人登場すると大きな歓声があがります。
「ライララ~ライラララ~」も大盛り上がり。

映像の後の「サルダガ」ではそれぞれ小さな階段の上に立って登場。
一人ずつに順番にスポットライトが当てられるのがステキです。
1節は階段の上に立って歌った三人が2節では各ソロパートの時に歌いながら階段を降りてくるという演出も曲の雰囲気を生かしていていいなぁと思いました。
けど、静かに歌う部分のソクン、ヨンジュンと違い「サルダガーサルダガー」と吠えて歌うジノの場合、吠えながら階段を降りなければいけなくてちょっと恐る恐る…って感じでした(笑)。

その後の「サランハギルチョンマルチャレッソヨ」では今日もジノがソクンに向かって「一杯やりますか?」とちょっとふざけましたが、歌では真剣に聴かせてくれました。
んでもってこの世宗文化会館、音響が良くて歌を聴く環境としては本当にイイです。
バンドの演奏も大きすぎず、マイクのハウリングもありません。

「STAY」では大抵三人がポジションチェンジをしながら歌います。
今日も1節を歌い終わる頃にジノがそんな気配を見せた時に「こっちこっち」と手招きしたら来てくれました。…いや、手招きしたから来たんじゃないでしょうけど。
登場シーンではキッチリジャケットを着ていてもいつもさっさとジャケットを脱いでしまうジノ。
この日も「STAY」のイントロ部分でジャケットを脱ぎ捨て、更に息苦しいのかネクタイを緩めたのですが、その緩め方がグチャグチャなもんで目の前にやって来て暴れまくってるジノはまるで酔っ払いのサラリーマンのようでした(笑)。

ソクンはソクンで2節の「クデルチキルケ~」をワンテンポ早く歌いだしてしまい、咄嗟にジノが代わりに歌ってフォローした後に「間違えてやんのー」って感じでソクンに向かって笑ってました。
そういえばドンハもここの入りを何回か間違えてましたね。

 

そしてヨンジュンソロの前の映像。
自分が出演しているシーンをヨンパパがどんな表情で見ていたのかが非常に気になりました(笑)。

…「コンサートの模様がDVDになる」というニュース記事がありましたし立派な会場だから写真や動画の撮影は厳しいかな…と思いつつもすっち家ご愛用のハンディビデオを一応持参したのですが、今日のコンサートではDVDの収録はなく、また、いつも観客を厳しく取り締まるコワモテのカンチンさんもいなかったので思う存分ビデオ撮影が出来たのでブログにもちょっぴり掲載してみようかと思います。

ってことで、ヨンジュンのソロ。


大邱の時と同じ曲ですが前回よりも歌声に深みが増していました。
後ろに現れる幼い頃の写真を見ながら聴く愛息子の歌声にご両親も感動されたことでしょう。

 

次はジノのソロ。


この日ちょっと喉のコンディションがベスト状態ではないなぁと感じたジノですが、それでもやはり圧巻の歌声。
会場の雰囲気と相まって歌い終わった瞬間に会場から大拍手が起こるとオペラ歌手のステージを見たような気分になりました。

 

そしてソクンのソロ。

前回と同じくタキシードで登場したソクン、ステージ中央のオケピ部分にあったリフトに乗って上に上がっていきます。
そして後ろの幕が上がり、オーケストラと美しいシャンデリアの装飾が登場。
美しい照明とスポットライトを浴びる凛としたソクンの姿と歌声は会場全体を掌握するかのようでした。

…歌ってるときはカリスマ炸裂なのに歌い終わってリフトが下がって来る時は手持ち無沙汰な様子でうつむきながら見せる照れた表情がまた可愛くもあり。

 

再び映像が流れた後に、映像の続きのバス停という設定で演技する三人が登場。
小道具のバス停の停留所表記が大邱公演では「チルソン区庁」だったのが「Mネット放送局前」と、ちゃんとソウル公演仕様になってます。細かい(笑)。

 

ここから書き始めたのが保存されなかったんです(涙)。
すごく長々書いたのに…。でももう書き直す余力はないのでビュンビュン飛ばしていきます…。

 

今日もジョンウムの写真を眺めながら褒めちぎるヨンジュン(会場にジョンウムも来ていたはずですから満足したことでしょう)、ボケーッとした高校生を演じるジノ、チャラチャラした軽そうな青年のソクン…三人共それなりに演技がナチュラルです。

前回「真夏の日の夢」では歌詞を変えてふざけて歌ったのが気に食わなかった(笑)私ですが、今日はちゃんと歌ってくれて満足。
でも「영원히 둘이서 함께 사는것(永遠に二人で暮らすこと)」の部分だけは今日も「영원히 셋이서 함께 사는것(永遠に三人で暮らすこと)」にしてジノが歌っていました。
また、間の掛け声といえばジノの役目って感じですが、ソクンなんかも合間に「さぁ皆一緒に拍手!」なんて盛り上げたりなんかして。
まだまだ控えめではあるものの、堂々としたソクンの姿に1年間での成長を感じ嬉しく思いました。
デビュー当初はそんなこと出来なかったもんねぇ。

 

そして「セグルチャ(三文字)」を歌う前のお約束「僕達は誰~?」「ワナビー!」なんてやりとりをして「僕らが워너비!!」ってことで「워너비」Tシャツを披露するわけですが、前回に比べてこのTシャツがグレードアップ!
大邱コンサートでは黒ガムテープを貼っただけのようなお粗末な作りだったのですがさすがにこれで世宗文化会館のステージに上がるわけにはいかんと思ったのでしょうか?
ゴールドで「sg」と書かれて、レインボーカラーの染色(?)が加えられていました。

…実は、「真夏の日の夢」を歌っている時にジノの白い制服の下に透けて見えていたんでわかってはいたんですけどね(笑)。

seoul625.jpg
↑参照:「비」担当 イ・ソクン氏

あ、こないだ私が「次回からはボツにしていただきたい」と毒を吐いた「名前呼び」イベントはやっぱり彼らもNGだと思ったのかボツになり、ちゃんと歌ってくれました。よし。

あと、すっごいしょーもないことですが、歌い終わった後にソクンが三本指(“親指、人差し指、中指”じゃなくて“中指、薬指、小指”なんです。どうでもいい?)を上げて去っていく姿がミョーにキュン!でした。

 

初めて見た時は「また映像タイムかー」と思った今回の全国ツアーの構成ですが、2回目になると映像を楽しむ余裕みたいなのも出てきて、この後の「『Timeless』を違った感じで歌ってみよう」と相談するシーンの三人のやりとり(特にヨンジュンのわけの分からん思考)をじっくりと吟味して楽しめました。

このの映像の最後にジノが「ワン、ツー、スリー」と言って人差し指を突き上げるのですが、幕が上がって暗い照明の中で椅子に座って登場した三人、その中でソクンとヨンジュンはさっきの映像のジノのマネをして人差し指を突き上げてポーズをとっています。

そして椅子に腰掛けている三人の前にはいつものマイクじゃなくてレコーディングの時に使うようなマイクが用意されており「ラッピング、キレイにはがせる?」とヨンジュンが二人に尋ねて(※その前の映像でジノが『これまではラッピングされた状態の僕らでしたが、ラッピングをはがすとその中は空っぽかぎゅっと詰まっているのか…』と言っていたことから続いています)返事するソクンとジノ。
そしてアカペラで「Timeless」をワンフレーズ歌った後にアレンジバージョンの「Timeless」がスタート。

時にちょっぴりふざけた動作をしながらも、ハーモニーを楽しんで気持ち良さそうに歌う三人、そして照明の色と三人の後ろにセッティングされたアンティークなスタンドライトがなんとも雰囲気のある空間を作り出します。

…といっても言葉じゃイマイチ伝わらないので動画でも見ていただきましょうかね。

 

ね?キレイでしょ、なんだか。

 

そして、「いいんじゃない?」と満足そうに三人が話しているとオープニングで登場したバンドが再びオーケストラピットにゾロゾロと登場。
「次は何をどんな風にアレンジしよう?」とヨンジュンが言うと、ジノが口でラッパのマネをして「おっ、いいね、それ」と言ったり。
…このやりとりってのが、映像の中やさっきのバス停での演技よりもわざとらしかったです(笑)。

オーケストラピットにスタンバイしたバンドの演奏でいつもと違うアレンジで歌ったのは「ラララ」のジャズバージョン。…いや、ジャズじゃないかな?なんというんでしょう?
オープニングが静かなジャズっぽい演奏だったのに対してこの曲ではにぎやかな演奏で楽しくなるような感じの演奏で、東京スカパラを思い出しました。(古い?)
この時にソクンが地味~にラッパを吹くマネなんかをしてたのを見逃しませんでしたぞ。

いつもと違うリズムで難度高めなアレンジに思ったのですが、三人ともそれなりにうまく歌いこなしていました。
今日の為にしっかり練習したんだろうなぁ…。

そして、盛り上がった雰囲気の中で「ネサラム」をこちらもバンドバージョンで。
「皆、立ち上がってー!」という三人の声で私達も立ち上がります。
この曲はやっぱり立たないとー。

ここからは再び6集の歌に。
過去のヒット曲もいいですが、今回のツアーで私が心ときめくのはやっぱり新鮮な6集のナンバー達。

まずは緞帳が上がって「ジャーンジャジャーン♪」というエレキギターの音色で始まる「竜の涙」。
暗い照明の中で静かに歌い始めるヨンジュンにスポットライトがあたり、「オーオオーオ♪」というところでソクンとジノにもスポットライトがピカーンと当てられる瞬間がドラマチックで大好きなんです。
一緒に「オーオオーオ♪」と吠えてますから、私も。
それに前回ちょっとタイミングが合わなく感じた部分も修正されてきてますますイイ感じになってきました。
次の「嘘つかないで」も聴けば聴くほど良くなってきましたし、そして大好きな「僕の愛 僕のそばに」も。

 

あ、ちなみにヨンジュンがほっとんど登場しませんが、決してヨンジュンに興味が無いというわけではなく、私の座っている位置からはちょうどステージの前にセットされている直径30cm位の電球がヨンジュンにかぶってしまい見えなかったのですよ…(涙)。
というわけで、コロンとした電球の向こうにコロンとしたヨンジュンが居ると思っていただければ…。 

 

やっぱり今日もここまでMC無しで進行してきてようやく挨拶になりました。
挨拶の後に「世宗文化会館で僕らがコンサートを出来るっていうことは本当に光栄なことで、すごく意味のあることだけに今日こうやって一緒に過ごしてくださっている皆さんに感謝します」というようなことを話していたヨンジュン。(あぁ…記憶が全くない)

ソクンはソロステージでの演出について「僕、ちょっと高所恐怖症気味なんですね。なのでリハーサルでやってみて低めにしてもらったんです」と冗談っぽく話していました。
いやー、あの高さの中で歌うのは怖かったことでしょう。
ビビってこわばってしまいそうなのにそれでもしっかり声が出ていたのはすごい。

そして「最後に6集の中から三人共大好きな曲を歌います」とソクンが「チュルル」を紹介。

静かなメロディーの中で緞帳が下り、三人のナレーションの後に「인연」という文字が浮かぶと一瞬の静けさの後に大きな拍手が起こりました。
なんというか、いつものコンサートじゃなくて、静かな映画を1篇観たような静かな感動が広がりました。
やっぱり会場の雰囲気って大事なんですよね。

幕が開くとアンコール曲の「アリラン」のイメージに合わせてか笹の葉が飾られ、その後ろに伝統舞踊を踊る女性が登場し長い布みたいなのを持って舞っています。

さすが世宗文化会館。

…けど、満月のように浮かんでいる丸いボードにドーンと「因縁」と書かれているのがなんだか演歌っぽくて惜しかったです(笑)。

…惜しかったといえば、アンコールの幕が開いた時に後ろの客席からステージ前に観客が集まってきて、すんごいギューギュー押されてしまい、じっくりと聴きたい歌が落ち着いて聴けなかったという…。
たまらずステージ前から逃げ出し、「ヌリムボ」ではわざわざ後ろの席に移動してじっくりと歌を聴くことにしました。
(ファン4年目のワタシ、アンコールでステージ前に張り付いたりしなくなりました。悟りの境地に入って来たか?)

 

初めての大邱が終わった直後は「う…この構成でコンサートを毎回観ても楽しめるのか?」と思ったのですが、今日の公演では構成もちょっぴり変えて来て、オーケストラとのコラボステージ等「世宗文化会館ならではの演出」みたいなのがあってすごく新鮮でした。
そして、なんといっても今回のこのコンサートの構成がこの会場に合っていて良かったのかもしれません。

 

当初は「高いチケット代出して二日間は行かんとこ」と思っていたんですが、今日のコンサートが終わった時点で「明日の分も取っておいてよかった♪」と思ったソウルコンサート1日目でした。

 

***おまけ***
ずっと前に別のところで書いていたことですが…。

コンサートが終わり、ホールの外でいつも仲良くしているソクンファンの子達と合流しおしゃべりに参加していた時でした。
一人の子が「あっヨンジュニだ!」と言うので、その視線の先を見ると、赤ちゃんを抱っこしたおじさんとベビーカーを押した女性、そして小柄な若い女性が。
最初は「?」と思ったんですが、“ヨンジュニ”という名前がソクンの甥っ子だと思い出し、それで「ソクンの家族だー!」とピン!同時に「うわー!」と内心大興奮。

…しかしこの瞬間、ベビーカーを押している色白で上品な感じの女性がソクンのお姉さんだと思ったオトボケな私。
が、一瞬お姉さんだと思う程に若々しく見えたのはお母様だったんです。
そして、その横にいた小柄でキレイな女性がお姉さん、赤ちゃんを抱っこしていた優しそうなおじ様がお父様だったのでした。

いやー、このご家族の素敵なことといったら、もう!

仁川で建築系の会社を経営しているソクンパパ、お父さんが厳しかった分ソクンが甘えていた(と、ファンの子から聞いた)優しそうで若いソクンママ、そして、チェロを習っていたという時点で「タダ者じゃない」と思っていたソクンヌナ(チェロをお姉さんがしていたせいで家のお金が全部なくなったと昔ソクンがインタビューで冗談っぽく語っていました)…という予備知識があったからかもしれませんが「いやー、やっぱりブルジョアな家庭は漂って来る香りが違うぜ」と感心してしまいました。
普段からソクンの落ち着いた雰囲気に育ちの良さを感じていましたが、実際にご家族を見てナットク。

 

いつも笑顔でファンに対して丁寧なジノママ、愉快な雰囲気のヨンパパ&ヨンママ、上品なフニパパ&フニママ…と「この親にしてこの子」な三人の親御さんを見てますます三人に対しての親しみと愛情が深まりました。


nice!(1)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 19

おすみ

ああ!すっちさん!!!!!
エラーで保存が出来なかったんですねっ!!(T◇T)
お察ししまっす!
その時の、あの無力感・脱力感!怒り!!!!!!
失望!!!!!
そんな中からよくぞ!書いてくださいました!
そして、十分に満足させていただきました。
(って、何を偉そうに・・って話ですが・・。すんまそん・・m(..)m)
ほんとにほんとにありがとうございます。

sgコンサをすっちさんのレポで読んだ時の、
この独特の満足感は何なんでしょうね????^^
ほんとに、まるで一緒にコンサを見た、聴いた気持ちになるんです。
あ。私、まだ映像はヨンジュンのしか見ていないんです。
おいしいもの後にとっておくタイプで^^ゞ
あとで、時間とってじぃ~っくり見るんだ(^o^)/

(ちなみに、夕べちょうど、ヨンジュンカップルの出た「想像プラス」が
ようやく日本で放映されて、それを見たんで、
なんだかいろいろ思いながら見ちゃいました。^^
なんかね。私のヨンジュンへの思いがさらに深まりました。
私ってば、かなりヨンジュン君が好きです。
ってこんなとこで告白されてもね^^;
ああ。ヨンジュン。幸せでいて欲しい・・・・。祈
映像。たくさん上げてくださってありがとうございます!!)

だから・・。
”すっちカメラマンによる映像を見たから
見た、聴いた気になった・・”
ってことでもないんですよ。
すっちさんの筆力かなぁ!?と思います。
あ。別にヨイショしたいわけでもなく・・。^^ゞ
ほんとに、今日、このレポを読ませていただいて、
しみじみ思ったことだったんです。

いいコンサートだったんですね。
こんなにいいホールで出来て、よかったね。
って心から言ってあげたいですね。
それにしても、そんなホールでも、ラストは舞台前に
みなさん押し寄せるものなんですね。@@

そうそう。「嘘つかないで」は、CDで聴いた時は
それほどでもなかったんですけど、
コンサで歌っているのを聞いてから、
どんどん好きになりました。
生で聞きたいですぅ・・・・・。

と、とりとめの無い感想になってしまいましたが・・。^^ゞ
すっちさん。ほんとにありがとうございました。

さてっと。映像を見させていただきまぁ~す!!^^v
by おすみ (2009-08-06 07:52) 

おすみ

一人で興奮して、何度も書いてすみませんm(..)m

映像見させていただきました。

ああ。
sg WANNA BE+って素晴しいぃ!!!!!!!

すっちさん。たくさん映像ありがとう。
やっぱり、すっちさんの映像にはsgへの愛が溢れているわっっ!!
by おすみ (2009-08-06 08:18) 

さくら

すっちさ~ん

めっちゃうれしいです~(^0^)
ありがとうございます~m(..)m
すばらしいレポ!!
もうもう・・感動!!
ソウルの熱い夜が蘇ります。

さすが!!すっちさんの映像は一番前なだけあって
ペンライトも・・誰かの頭も写ってなくて三人(二人?^^;;)だけが見れて
とっても良かったですぅ~

ジノオンマ・・
ヨンパパ&ヨンママ・・

ブルジョア・ソッ君ファミリー・・
(やっぱり、ソッ君ええとこ子やったんですね~^^どうりでね~)

親御さんたちのそれぞれの想い・・
胸が熱くなりますね~

それにしても・・
韓国コンサ・・
癖になりそうです(^0^)

感動の第2夜も・・
楽しみにしてま~す

さくら^^
by さくら (2009-08-06 22:20) 

ノニ

酔っ払いのリーマンですか[ウッシッシ]眼に浮かびますよ。Sgファミリー大集合でしたね。ソックンファミリーに遭遇なんて羨ましいです。先日ウギョルの1回めの放送が始まりヨンパパのあれを見ました(笑)いつもながらのすっちさんの文章には敬服[exclamation]もうすぐ6集が聞ける、逢える。握手も[ー(長音記号1)] 寝不足でむくまない様にしよう。あー楽しみ[ハートたち(複数ハート)] すっちさん ありがとうございます。
by ノニ (2009-08-07 01:56) 

mayumi

すっちさん、さらりと書かれた「ロビーでドンハに会ったよ」状況をくわしく
おねがいします。何着てたんだろ?どの辺の席にいたんですかね~

by mayumi (2009-08-07 11:05) 

BlogPetのかんあじ

すっちが話するの?
by BlogPetのかんあじ (2009-08-07 14:00) 

すっち

☆おすみさま☆
いやいやいや…「自分で読み返しても大したことないなー」っていう内容なのにそんな風にあげてもらっちゃいますとひたすら照れ臭く、「なんてことないのにー」と思われている他の人達の前で面目ない感じです…。

私もおすみあさんと一緒で、コンサートに行く度に感じる事なんですが、勿論愛情の比率は違うもののとにかくこの三人が大好きなんですよねぇ。

最近、東方神起の騒動もあっったからか、大好きなこの三人がいつも楽しく歌が歌える環境にあって、とにかく幸せでいて欲しいなぁとしみじみ感じております…。

☆さくらさま☆
いや、ホンマ、大した感動もない内容なんで申し訳ないです…。
もっと感動があったはずなんですが、時が経つとともに薄れてしまっていたようで…。(時が経ちすぎてますし…まったく)

さくらさんもこの日、いらしてたんですよね。
韓国のコンサート…クセになっちゃいますよね?(笑)

☆ノニさま☆
あぁ「ウギョル」が日本でも放送されているんですね。
ヨンパパ、フサフサだったでしょ?

日本のコンサ、ファンミも間もなくですね!
日本のコンサートではどんな構成になって6集からはどれを歌うのかなーと私も楽しみにしています。

☆mayumiさま☆
そうなんですよー、ドンハー!
「これはmayumiさんに知らせなきゃ!」と思っていたのに、翌日開演前にmayumiさんにお会いした時にテンパっていてすっかり伝えるのを忘れてましたん…涙。

ドンハを見たというファンの人の情報によると「ちょっと太って、マッチョになっていた」ってことでして、どんな服を着てたかは不明です…。
ファンから声をかけられながら控え室のある方へ向かって行ったってことだったので三人に会いに行った後に目立たないところでコンサートを鑑賞していたんでしょうね。
by すっち (2009-08-08 01:06) 

シバ

この頃バタバタしててお礼が遅くなりました~

格調高い会場ならではの雰囲気いいですね~

ジノオンマもますますお洒落で素敵になられて、是非お会いしたいです^^
ソックンのお父様、建築関係の会社経営ですか・・・そりゃブルジョアの香りするでしょうね~わが息子も建築1級士の資格もってるので雇ってもらえないかなぁ~^^

すっちさん、急遽私も水原コン行が決まりました!!
いつものことながら、思い立って1~2日の間に全て予約終わりました。
席はBブロック前から10列目しか取れませんでしたが、前からどうしても行きたかった野外コン・・・楽しみです。
ところで、この席位だったら雨がふっても屋根がある場所なんですか?
台風シーズンなので何とか青空でのコンだといいんですが~

大阪、水原でお会いできるのを楽しみにしてますよ~~^^
by シバ (2009-08-09 08:51) 

アッコリ

ありがとうございます~>.<

すっちさん、ソウルコンレポ、ありがとうございます。
せっかく書いた長文が飛んでしまった時のショックを乗り越えて・・・>.<
すっちさん目線のコンサレポは、いつも本当に楽しくて嬉しいです。

世宗文化会館での公演は3人にとってすごいプレッシャーだったと思いますが、
成功して良かったですね。
本当に嬉しいです。
その場にいられなかったのは残念ですが、
すっちさんのレポですっかり行った気になってます^^
すっちさん、チョンマル コマウヨ。

それから、ドンハが来てくれたのも嬉しいです。
ドンハと言えば、もうすぐドンハの2集が発売されますね。
この間、彼のものすっごくカッコイイ写真を見ました。
あんまりカッコよくてびっくらしました~^^
by アッコリ (2009-08-09 21:31) 

moko♪

すっちさ~ん ソウルコンレポありがとうございます^^
よみがえる感動の嵐です^^(私なんて記憶が曖昧で・・・)

動画も!ふふっ、ジノにズームインしていくカメラワークがぐぅ!です^^
そう、あの丸い電球、邪魔でしたよね~外しておけば良いのに・・・
なんて思っちゃって^^;

後ろからスポットライトがあたり、6集ナンバー!がやっぱり良かった~
日本コンはどんな構成を考えてくれているのか、楽しみです^^

まだまだ6集コンツアーレポ続きますよねっ???^^;;;
by moko♪ (2009-08-09 23:11) 

まいまい

すっちさん、ソウルコンレポ、楽しく拝見しました^^

せっかく書いたものが消えてしまうのは、とてもつらいですよね・・・。
脱力感に襲われますよね・・・・・・。
なのにこうしてまた書いてくださったんですね・・・・・・・。
ホント、感謝していま~す♪ありがとうございます^^

いつものことですが、すっちさんのレポは読んでいてとても楽しいし、自分もその場で見てきた気持ちになれるので、大好きです^^

今回も、レポ&映像でソウルまで行ってきたような気持ちになれて・・・・。
あ~~~、幸せです♪

いつもすっちさんのレポ、楽しみに待っていますよ^^

by まいまい (2009-08-10 22:24) 

すっち

☆シバさま☆
ソクンのパパママは本当に上品な感じでしたが、ジノママもすごく上品でますます素敵になっていらっしゃいました。
いつも素敵な服を着ていらっしゃるんですけどご自分で作られたりしてるのかなーなんて思ったり。

で、掲示板の方でもレスしちゃいましたが水原いらっしゃるんですねー。
9月というと夜はちょっと肌寒いかもしれませんが秋の夜長に秋風にあたりながら聴くsgの歌声…最高だと思います。
楽しみですねーワクワク。

☆アッコリさま☆
いやいや…そもそも長文が飛んでしまった原因ってのは、私が途中まで書いて保存作業をせずに途中でテレビ見たりベッドに寝転んだりしてたからなんで自業自得だったんです…^^;

ドンハが会場に来ていたと聞いた時、立派な会場で歌っている三人…それも新メンバーのソクンが加わったsgを見て、ドンハとしてはちょっと複雑じゃなかったかなぁと思いました。正直言うと…。
でも、そんな三人を見て「俺も頑張って弟達に負けるもんか」って強い気持ちにもなったんじゃないかなって思います。

こないだ公開された写真、もんのすごいカッコよかったですもんね。
栗色の緩やかなウェーブが王子様みたいでした。
カムバック、楽しみですね♪♪♪

☆moko♪さま☆
とんでもないー、私もすっごく曖昧な記憶で「こんなんレポちゃうわ…」って思いながら、なかなか進まなかったんですが。

動画は私好みのカメラワークなんで「なんでそこでソクンに振る!?」「なんでジノにいっちゃうの?」なんて思われる方も多いかと思いますが、私モードってことでお許しください。
(そして、決してヨンジュンが嫌いなわけじゃないのです。電球め…)


6集コンツアーレポ…いつになったら完結するのか…(涙)。
by すっち (2009-08-10 22:50) 

すっち

☆まいまいさま☆
いえー、とんでもないです。
大事でもないのに初っ端から騒いでしまってすみませんー。

しかもレポなんてほどのものでもなく…実際のステージはもっと内容があって素晴らしかったのですよ…(涙)。

今後もグダグダと続けていきますがどうぞ宜しくお願いします…。
by すっち (2009-08-10 22:54) 

Daisy

すっちさ~ん、始めまして Daisyと申します。

昨年のスオンコンサ-トに続き、今回のソウルコンサ-トにも参加して三人の歌声に感動しました。
でも言葉の壁があり分らない部分も沢山ありましたが、すっちさんのレポ-トで手にとるようによく理解できました。

すっちさんのコンサ-トレポ-ト最高です!!あの時の感動が再び蘇りました。彼らがどんな事を話したのか?どんな表情だったのか?よく分りました。
レポ-トでの表現も面白い♪♪♪

おまけにファミリ-の情報、ドンハが来ていたなんて-!!
驚く事ばか0りでした。

そして素敵な彼らの映像も再度見る事が出来て最高に幸せです。
本当に有難うございました。

またお邪魔させてくださいね。

韓国のコンサ-トは日本でのとは違って、警備も厳しくなく庶民的で親しみやすくていいですね。


by Daisy (2009-08-13 12:30) 

Daisy

すっちさん 始めまして、Daisyと申します。

ソウルコンサ-トレポ-ト有難うございます。感動しました!!

韓国コンサ-トは、昨年のスオンコンサ-トに続き今回で2回目でしたが、やはり言葉の壁があり雰囲気は伝わるものの分らない部分も多々ありました。

すっちさんのレポ-トのお蔭で、sg3人がどんな会話をしていたのか、表情も含めて説明してあり、それが手に取るようにわかり、その時の場面が蘇ってきました。

表現も面白いですし動画もupされていて最高です!!
またsgファミリ-の情報やドンハの情報など知らなかった情報を得る事も出来て2倍楽しませていただきました…♪♪♪
有難うございました。
韓国コンサ-トは日本のと違って警備も厳しくなくて、親しみ易く庶民的で最高です。

またお邪魔させてくださいね。

by Daisy (2009-08-13 13:05) 

すっち

☆Daisyさま☆
はじめまして!^^

わー、昨年の水原、そしてこのソウルコンサートにもいらしてたんですね。

実際にご覧になっていたらおわかりでしょうが、私のレポートなんて大概いい加減なもんです…^^;;
でも、コンサートの思い出を振り返っていただけるきっかけに少しでもなれば嬉しいです。

そして、日本のファンの方達が「やっぱり韓国でのコンサートがいいね」と言ってくださるのを聞く度になぜか私がすごく嬉しくなってしまいます(笑)。
是非これからも観にいらしてくださいね。

あ、全く更新が滞ってますが、これからも是非こちらにも遊びに来ていただけると嬉しいです~。
by すっち (2009-08-15 01:47) 

pul-chang

レポに動画まで・・・!とってもうれしいです^^ありがとうございます!
CDにはない、Liveならではの魅力。やはりいいですよね~。
あさって(18日)が待ち遠しいです。

そして。。。
「Timeless」のソクンの手の美しいことったらあ~~~!!!
ソクンのご家族も見られたとはあ~~~!!!
なるほど、「ぼん」だったのか。
妙に納得です。彼の空気には、セレブの「ゆとり」みたいなものがありますものね^^
by pul-chang (2009-08-16 12:23) 

ふなまま

楽しい、嬉しい、ためになるレポートでした。動画が嬉しかった!
ありがとうございました。
ジノ君が、ネクタイ緩めたところが、酔っ払いみたい、というくだり、
ガハハと笑えました。どうしたん?と長女に尋ねられ説明したら、一度東京フォーラムで彼らをみたことあるもので、長女も大笑いでした。ああ楽しかった。ソクン君は照れる感じが本当に可愛いです。
いよいよ23日、大阪NHKホールです。昼、夜行きます。
ここを訪問して、盛り上がってきました。
第6集の曲、大好きな曲ばかりなのでとても楽しみです。
気持ちよく歌う彼らを見てるのも幸せな気分です。
by ふなまま (2009-08-20 02:03) 

すっち

☆pul-changさま☆
すみませんー1ヶ月遅れのレス…。
あぁ、東京コンサート前にコメントいただいてたんですよ。
私も大阪行って来ましたが満足でした^^

ソクンの手!!そこに食いついてくださいましたか!!
わかります、ソクンって手の形は本人も認めるように不細工なんですが、「フー♪」って時の手の動きとかすんごいいいですよね?
私も思ってたんですー。

ソクン。ご家族見てたらボンなのは間違いないと思います(笑)。

☆ふなままさま☆
すみません、今更レスです。。。

酔っ払いジノ、そこに食いついてもらいましたか!(笑)
んでもって娘さんにも共感していただけたとは嬉しいです。
っていうか、そんな説明で伝わるジノの様子…恐るべし。笑

そうそう、このコメントを書いていただいた後になりますが大阪の夜、お目にかかりました、よね?
ゆっくりお話できませんでしたがお会いできて嬉しかったです^^
by すっち (2009-09-10 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。