So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「マジックアワー」at韓国 [韓国オモモ日記]

ここんところ非常~~に忙しく、再びブログが放置状態でした。

仕事でPCに向かって集中して作業することが多く、家に帰るとPCに向かいたくない時があったりで。

…で、そんな中でストレスになる事も当然ありますが、長年住んでいて言葉がちゃんと通じる日本で働いていてもストレスは当然ありますし、「韓国で働いているから」ストレスに感じるという訳ではないんですよね。
なので後ろ向きに考えずに、今こうやって自分の好きな国で好き勝手に生活させてもらえているという事実に感謝しながら楽しんで行こうと思っています。

 

…で、今日は大笑いして日頃のストレスを解消して来ました。

magichour.jpg

「매직아워(マジックアワー)」です。

文字はハングルですが写真を見ていただければ一目でおわかりいただけるように日本の映画です。

 

この映画の存在を知ったのは、出勤前に見ているKBSのニュース番組で毎週木曜日にある「今週公開の映画」みたいなコーナーで取り上げられていたのを見て。
映画を紹介している時に流れた映像を見ると、妻夫木くんが変な髪形していて佐藤浩市がなにやら殺し屋役ということで、更には深津絵里や西田敏行まで出演しているというので、これだけで「なんだか面白そう…」と気になったのでした。 
そして、ネットで調べてみると監督は日本に居た時大好きだった三谷幸喜ではありませんか!
「これは観るしかない!!」と思いました。

人気が無ければあっというまに終わってしまう韓国の映画館では、「今度観てみ~よう」なんて悠長に構えている内に上映が打ち切りになってしまうことが多々あります。
この映画も先月27日に公開になったので「今週末あたりに観ておかねばヤバい…」と思い、昨日髪の毛を切りにアックジョンの方まで出かけたついでにCOEXに寄って観るつもりでいたのですが、いざ当日券を購入しようとしたら「매진(満席)」の文字が…。
「こんなマイナー映画、観る人居ないだろう」と高をくくっていたのが間違いでした…くぅ。

というわけで、「昨日の二の舞はするもんか!」と今日はちゃんとネットで予約して映画館へ。

最低気温が-10℃近くまで落ち、昼間でも零下と冷え込んだ週末のソウル。
「寒いから映画でも観ようかー」と考える人が多いのか大混雑です。
この「マジックアワー」も結構な客入り、客層は圧倒的に若いカップルや女の子グループが多かったですが、意外にも初老のおじさん、おばさんなんかの姿もちらほら…これには驚きでした。

ストーリーは…
(日本で既に上映されているのでご存知の方も多いかもしれませんが…)

ボスの女“マリ”(深津絵里)との密愛現場を見つけられた“ビンゴ”(妻夫木聡)は命が危ない。
ビンゴが生き残る道はただ一つ!
伝説の殺し屋“デラ・トガシ”をボスの前に連れて来ることだ!
しかし、誰もその顔を見たことがない伝説の殺し屋を見つけるなんて不可能な事。
ビンゴは無名エキストラ俳優に映画の撮影だからと騙し、殺し屋の演技をさせるという呆れた作戦をひねり出す。
ニセ監督ビンゴにキャスティングされた俳優は万年エキストラ俳優のムラタ(佐藤浩市)。
台本無し!
100%アドリブに隠しカメラ撮影!?
誰が見てもインチキくさいこの映画、しかしムラタは役者生活20年での初主演という言葉に既に浮き立っている!
意欲200%、心も体も伝説の殺し屋となったムラタの渾身の演技(?)は続けられ、こんなムラタのオーバーアクションにハラハラしっぱなしのビンゴ。
一方、ムラタのカリスマに惚れこんだボスは、ニセ者“デラ・トガシ”に相手組織との決戦の先頭に立たせるのだが…。
騙せると生きることができる男の呆れた計画で始まった映画撮影、果たしてニセ者“デラ・トガシ”に待ち受けている結末は?

 

…という、「The三谷ワールド」なストーリーですが

すっっっっごい面白かったです!!

三谷作品というのと出演メンバーでそこそこの期待を持って観に行ったんですが、期待を大幅に上回る面白さで最初から最後まで笑いっぱなしでした。

妻夫木くんの変な9:1分けのヘアスタイルと、わざとっぽいオーバーな演技もこの映画によく合っていて、ちょこちょこ登場する“三谷ファミリー”の役者さん達にも笑わせてもらいました。
けど、やっぱりこの映画は「佐藤浩市の演技」でしょう!!
殺し屋 “デラ・トガシ”になりきる三流役者ムラタのキャラが面白すぎました。

とにかく、いたるところにちりばめられている笑いのポイントが私の笑いのツボにドンピシャで、もう笑えて笑えて…。
特に、デラ・トガシに扮したムラタ(佐藤浩市)が初めてボス(西田敏行)と対面するシーンで繰り返されるムラタの小ネタの連発シーンが面白すぎて、笑いすぎた私は涙があふれて暗闇の中でカバンをゴソゴソしてハンカチを取り出さなければいけない程でした。

日本人の私には笑いのツボが通じるのですが、韓国人にもこの面白さが通じるのか…というと、やっぱり大ウケで、元々反応の大きい韓国の映画館内は始終笑いの渦に。
前の方に座っていた男の子はよほどツボだったのか、笑うシーンじゃなくてもずっと「アッハッハッハッ」と笑い声をあげ続けているのでそれにつられて余計に笑ってしまいました。
そんな観客の良い反応に「あぁ、日本の面白さが韓国でウケてるウケてる♪」となんとなく得意になった私です。

「有り得ないって!」っていう設定ながらもストーリーがうまく展開されているので、その「有り得ない」世界にドップリ浸って楽しむ事ができ、また、なんというんでしょうかね、笑いに毒が無いといいますか…。
後味の良い笑いでストレスが解消されスッキリした気分で映画館を後にしました。

あ、でも、エンドロールの時に流れた出演者の名前を見て「えっ、香取慎吾出てたん?唐沢寿明も?」なんてちょこちょこ出演していた豪華ゲストにビックリしました。
見逃したのでもう一回観てみたいです。

 

ちなみに、日本の映画を韓国で観る面白さってのが日本語のセリフが韓国語字幕でどのように表現されているかというところ。
三谷ワールドのセリフの面白さが韓国語の字幕でどの位伝わるのかなぁーというのが気になったのでわりと字幕にも注意して観てみました。
で、やっぱり面白さは30%位減ってしまっていたと思われますが、それでも俳優達の演技で十分にニュアンスが伝わっていたと思います。

一つ気になったことといえば、ムラタがマリに語るところで「三船敏郎が…」というセリフがあったんですが、それが韓国語の字幕では「キムラタクヤ」となっていたんです。
「世界のミフネ」としても知られている三船敏郎をキムタクに替えてしまうのは三船敏郎に対して失礼(キムタク、ゴメンね)ですし、三谷幸喜も不本意だと思いますが、日本でもきっと若い子の中には三船敏郎という大俳優を知らないという人も増えて来ているでしょうし(って、実は私もよくは知らない…)、韓国でこの映画を観るような若年層の観客には「ミフネトシロウ」だとニュアンスが伝わりにくいと翻訳者が判断したんだろうなぁーって思いました。

 

ちなみに、上に貼った韓国ポスター画像をご覧になって感じられた方もいらっしゃると思いますが、妻夫木くんと綾瀬はるかちゃんがアップで佐藤浩市が小さめ…、深津絵里と西田敏行に関しては全く写っていないという…。
妻夫木くんはともかく、綾瀬はるかの出番はそれ程多くは無かったので、この二人が主役とは言えないと思うんですけど…。

そう思って「日本のポスターはどうなんだろう?」と探してみたらやっぱり!

magichourjp.jpg

ちゃんと主演の5人が登場していました。

韓国では人気の妻夫木くんと綾瀬はるかちゃんを前面にアピールした韓国オリジナルバージョンだったんですね。

あと、妻夫木くんの役名がハングルでは「빙고」と表示されていたので「あー、ビンゴっていうニックネームなのね」と思っていたら後で知ったところによると「備後」という漢字の名字だったんですねー。

 

韓国で日本の作品を観ると、こういう違いを発見できて面白かったりします。


nice!(0)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 11

k-mama

すっちさん おはようございま~す!

ちょっと(いつも)事務所のPCを借りてコメしてます。
すっちさん 仕事忙しくしてらっしゃるんですね~ 12月(師走)はどこも
バタバタと気ぜわしく 体はボロボロ、ストレスはたまる!
何かでコントロールしないと やっちゃ~おれないですよね!
今回はsgばなしじゃなく 日本映画の方でストレス発散?されたんですね

私も三谷さん好きです。 本人も面白くて、映画も面白い ありえないことを
うまくつなげて完成されてて すっちさんの言うように笑いのツボが日本人にマッチしてます。
この映画はご本人が○○ましにでて 宣伝されてたんで知ってたんですが
そんなに面白かったですか~~ それは私も是非観たいです~!
すっちさんの紹介で 観たいと思ったひと かなりいるとおもいますよ~

「キムタク」に変わってたとこがおもしろいです!(笑)
韓ドラ字幕付で見るんですが 日本向けに多少は変わってるのかしら?
ハングル語がわかれば すっちさんみたいに違った見方ができるかも・・

ところでsg君たち 本国で何してるかしら? 
来年は 初韓国コンサートに挑戦してみようと いまから張り切ってます。
ソウルはマイナスですか~寒いですね!
体に気をつけて お仕事頑張ってくださ~い!またお邪魔しま~す!!

by k-mama (2008-12-10 11:25) 

BlogPetのかんあじ

すっちが登場するの?
by BlogPetのかんあじ (2008-12-10 17:00) 

アッコリ

すっちさんこんばんは。
三谷ワールドに浸かって大笑いしてストレス発散できて良かったですね^^
三谷さんは私も大好きです。映画もドラマも舞台もおもしろいですよね~。
私、「オケピ」というオーケストラピットでの出来事を舞台にしたお芝居を観た事が
あるんですが、もう、最高におもしろかったです。
ご本人自身もとても面白い方ですよね。

妻木君がババーンと大きく載っている韓国オリジナルバージョンのポスターも
成る程~って感じです。
韓国版ではチョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェの3人が載っていた
「デイジー」のポスターは、日本ではチョン・ウソン、チョン・ジヒョンの二人だけしか
載っていませんでした^^;
「甘い人生」は韓国版ではビョンホンが一人でタバコをくゆらしている
少しハードな雰囲気のポスターだったと思うのですが、
日本版ではシン・ミナちゃんも一緒に乗っていて、
二人の関係を暗示させるような作りになっていました。
俳優の知名度や人気、それからどの観客層を狙うかによって構図が変わってくるんですね。
by アッコリ (2008-12-11 02:00) 

すっち

☆k-mamaさま☆
はい、最近sgを見る機会がなかったので他でストレス解消してきました。
笑うのってやっぱり気持ちいいもんですね。
でもこの映画、日本でもヒットしたんでしょうか?
私はこういうの好きなんですが日本で受けるのか…どうなんでしょう?

韓国ドラマの日本語字幕、やっぱりちょっと変わっていることはありますよね。
そういう違いを発見するのも面白いもんです。

sgは韓国に戻ってきて再び忙しい日々を過ごしているようですね。
またブログで書きますがゴールデンディスク大賞では素晴らしい歌声を聴かせてくれました^^
k-mamaさんも是非来年は韓国コンサートへ~^^

☆アッコリさま☆
「オケピ」、私は見たことないんですが面白そうだなぁーとは思っていました。
ちなみに三谷監督同様、奥さんの小林聡美さんも好きです。
あんな夫婦になりたい…か…なぁ?(笑)

ポスター、これまであんまり意識したことなかったんですが日本の映画が韓国で公開の時、逆に韓国の映画が日本で公開…という際にデザインが変わることもあるんですねぇ。
これからそういうのをチェックしてしまいそうです。
by すっち (2008-12-12 21:09) 

k-mama

またお邪魔しました~!

今日休みで 娘がDVD借りたいと言いTUTYAさんに行ってきました。
私は韓ドラへ直行して 久し振りに見たら 沢山なドラマがありました。

唄♪の方みると 東方○○さん達のばかりで 我がsg君のは残念ながらありませんでした(地方の町なんで(~_~;))

と、日本の見てたら「ザ!マジックアワー」ありました。
それも レンタル1位☆ 20本ぐらいあったのですが みんな貸出中で
借りることができませんでした。
すっちさん 日本でも大人気(私の町にかんしては・・)みたいです。
上映中はどうだったかわかりませんが、レンタルでは凄いです!
TUTYAに行ったので 少しカキコしました~!

ところで 我がsg君達 本賞受賞しましたね!おめでとう~^^
すっちさんブログ楽しみにしています。(ペコリ)
はい!!韓国コンサートデビュー 来年は必ずします。
by k-mama (2008-12-13 16:36) 

palpal

すっちさん、こんばんは。                              三谷さんの映画楽しいですよね。
9月、 MEGABOXに行った時、スタッフの方達20世紀少年Tシャツ姿でした。日本の映画かなり人気なのかな、と思いました。字幕なしで見るのは大変ですが、映画前のウォンビンの缶コーヒーCMににっこり、オダギリジョー映画予告に感激したり、なんといっても、料金が安い。すごく映画を楽しんでるみなさんの反応が新鮮でした。細かいところは後日、日本語字幕でチェックです。すっちさんのようにみれたらなぁ。
 
 あ、sg君達ゴールデンディスク大賞での、ピアノバージョン良かったですね。クリスマスコンサート楽しみです。遠足前夜のような気分です。


by palpal (2008-12-14 00:04) 

すっち

☆k-mamaさま☆
わー、レンタル1位なんですかー。
やっぱり人気なんですね。
k-mamaさんも是非見てみてくださいー。

…っていうかTSUTAYAという響きがすごく懐かしく感じました。
私が居た頃は韓ドラのレンタルは結構あったんですが、今はライブビデオとかもあるんですねー。
sgは…さすがに都会に行っても無いでしょうねぇ^^;

☆palpalさま☆
そうですねー、日本の映画って結構評価されているんだなぁって思います。
特に若い子達と話してると私が知らん日本の俳優さんのことを日本人の私以上に知ってたりしますし。
私達は韓国の歌手や俳優が大好きで、韓国の人達も日本の歌手や俳優のことを好きになってくれて…なんだか嬉しいですよね。

そう、韓国は映画が安くて嬉しいです。
なのにコンサートは高いですが…^^;
クリスマスコンサート、楽しみですね!
私も楽しみで仕方ないです♪
by すっち (2008-12-15 21:24) 

あき

すっちさん お久しぶりです・・・
ポスター ん? 何か違う・・・って思ったら
韓国版と日本版では違うんですね!

私もこの映画観ましたよ!
三谷幸喜の映画やドラマはいろいろ細かいところまで計算されてて、
思わぬ発見があったり、いつも面白いですよね!?
しかし、三船敏郎がキムタクになってしまうとは(^_^;)ビックリですっ!
by あき (2008-12-16 22:46) 

すっち

☆あきさま☆
おー、お久しぶりです♪

あきさんもこの映画ご覧になったんですねー。
面白かったですよね?ね??
韓国では映画館で観ると皆やたらリアクションが大きくてすっごい笑い声があがってたんですけど、日本ではクスクス…って感じなんでしょうかねぇ。

三船敏郎がキムタク…はないですよねぇ~~^^;
by すっち (2008-12-18 23:45) 

おすみ

すっちさん。
今更なレスですが・・。
昨日、家族が偶然借りてきて、見ましたぁ~~~~!!^^;

うんうん。おっもしろかったぁ~~~~~~!!!!
もう家族全部で笑いっぱなし。
そして、見終わった後の爽快感!ええ。わかります!!
毒のない笑い!ナイスな表現です!!^^b

そして、見ながらふと我に返って、すごく不思議な気持ちになりました。
だって。私は、この映画を見ながら、ずっとすっちさんのことを
思っていたんですもの。
そりゃそうですよね。ここでこんなに最近この映画の話題を
お話ししていて、その映画を目の前で見てたんですから。
でも、よぉく考えてみると・・
私は、すっちさんとはお会いしたことも、ましてや生声で
お話ししたこともないのに、
こうやって、私にとって、大きな存在感のある人です。
sgに出会わなかったら、そして、ネットの旅に出なかったら
なんの接点もなく、一生すれ違うこともなかった人です。
その方のことを、こうやって、自分の茶の間で家族と映画を
見ながら思っているなんて・・・・。

うまく伝わるでしょうか?
ほんとに不思議で・・。でも、なんだかとっても幸せで・・・・。
ジノに感謝した休日でした・・・・・。
by おすみ (2008-12-24 14:40) 

すっち

☆おすみさま☆
こちらこそすっかり遅れたレスですが…^^;

ご家族で「マジックアワー」鑑賞、いいですねぇ~、
家族団らんに良さそうですー。

で、そんな時に私の事まで考えていただいていて有難いやら申し訳ないやら…(汗)。
そういえば、おすみさんとは一度もお会いしたことがないんですよねぇ。
私もそんな気がしませんー。
sgに感謝ですねぇ。来年にでもいつか実際にお会いできたら嬉しいです。

ということでよいお年を~^^
by すっち (2008-12-29 22:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。