So-net無料ブログ作成
検索選択

ソウルアンコールコンサート~THE FINAL SHOW~ [sg WANNA BEバカ日記]

とうとうsgの全国ツアーも終わり寂しい毎日…のはずですが、2週間以上経った今も相変わらずブログを書き続けています。
まだ書き上げてないので私の中では全国ツアーでもまだ終わってません。やった!!

…ってのは冗談で、さっさと書き上げて解放されたいと思います…。

 

ということで、先週の春川で5集の全国ツアーは終わり、ついに残すはソウルでのアンコールコンサートとなりました。

seoulconcert.gif

…これがまた盛り沢山の内容だったのでハンパじゃなく長いです…(涙)。

 

 

…ところで、大満喫した前回の春川コンサートの翌朝に足を捻挫しました。
バスに乗ろうとしてヒール靴で大急ぎで走ってて足首をぐねりました。
心が浮ついていたのか、そもそも運動神経が無いからなのか…。

ぐねった瞬間、一番に頭に思い浮かんだのが「今週末はソウルでのアンコールコンサートがあるのにぃ…」という考え。2年前の今頃も自宅の前で階段を踏み外してすっごい捻挫をしたことがあり、その数日後にあった安養でのラストコンサートに足を引きずって行ったことがあったんですが、今回もまたしてもラストのコンサート前にこのハプニングです。
…幸いにもその時に比べると今回は大した事なかったようなので、韓医院にもかからず湿布を貼って様子をみることにしました。

…ってことで「もし骨折してたとしても這ってでも行くぞ!」というつもりでしたが、幸いマシになっていてちょっぴり痛む足を引きずってオリンピック公園へ向かいました。

seoul1.jpg

5集コンサートの最後の席は3列目。
今年も随分通ったコンサートですが、全て3列目までの良い席で観る事が出来、大満足でした。
もう私10列目以降の席では観る事はできない…(贅沢)。

ただ、前もってわかっていたことですが、今日の舞台は特殊なスタイルになっていて、前にメインステージがあり、その中央部分から前方に向かって花道がありアリーナの中央にサブステージがある…という“I“型のステージ仕様です。
他の歌手(特にスタンディングとかで盛り上がる系)のコンサートだとよくあるスタイルかもしれませんが、sgでは私が知る限りはお初。
「きっとサブステージの方へちょくちょく行って歌ったりするんだろうなぁ、そうなると見えにくいなぁ」と思いました。

開演時刻の8時を過ぎてもやっぱりまだ始まらず多分15分位過ぎたところで、ステージの袖から歩いて中央にやってくる3人の姿が!
湧き上がる歓声の中、「あれ、こんな登場の仕方なの?」って一瞬驚きましたが、よく見るとsgじゃないー。

seoul1mtom.jpg

MtoMでした!
でも、人数構成といい、雰囲気がsgの三人っぽかったので「sgだ!」と勘違いしてしまうのは仕方ない…ジュニョクとジョンファンのヘアスタイルとかもソクンとジノに似てるし、ソンテの体格もヨンジュンっぽいし…(笑)。

「こんにちは、MtoMですー」と挨拶した後「못된 남자(ダメな男)」を歌いました。
昨年のツアーではよくゲストで登場してたのに今年は全然無くて(釜山コンサートでは登場したそうですが)残念だったので久々に歌声を聴けて嬉しかったです。

歌い終わってメンバー紹介をした後にリーダーのジュニョクが「いやぁ…最近の音楽界は不振だと言われていますが、sgに限ってはそれは当てはまりませんねぇ」と会場を見渡して話し始めました。
「今日も空席が全然見当たらないですし、sgの人気のすごさを感じます」と言ってましたが、いやいやいや…後ろの方に空席めっちゃありますってば(笑)。
まぁ、ジュニョクのリップサービスだったのでしょう。

seoul1mtomjun1.jpg

髪を短くしてイメージが随分変わっていたジュニョク。
なんだか男っぽい雰囲気でした。

このブログのサイドバーにもリンクを貼っていますが、日本でコンサートを開くことになったMtoM、「今度僕らも日本でコンサートをすることになりました」というような話もしていたと思います。
そして、メインステージから前方のステージに移動して「새까맣게(真っ黒に)」を歌う三人。

seoul1mtom2.jpg

おぉ、ステキな雰囲気です。
…けど、やっぱり後姿しか見えません(涙)。

今日のコンサートは、今年一度も一緒にコンサートを観ることができなかった仲良しの韓国ファンの子と一緒に観ていたのですが、MtoMが前に行って歌っている様子を見ながら「きっとジノは前に行ったっきり帰って来ないだろう…(笑)」と、二人して同じ考えがひらめきました。

 

MtoMのステージが終わって、いよいよsgの登場。
ステージを覆っている幕にいつもとは違う映像が流された後に、いつもと同じく「ラララ」のイントロが流れ幕が開きました。
ステージにはバックバンドと共にバイオリンやコントラバスのような弦楽器隊もおり、後方に映し出されている明るい雰囲気の映像が4月のカムバックステージを思い出させました。

seoul2sg.jpg

そして、ジノ、ヨンジュン、ソクンの順に登場。
あら、今日は登場の衣装がは蝶ネクタイじゃないのね。
あら、今日はヨンジュンがメガネしているじゃないの。(この写真では見えませんが)

なんて思いながら、と同時に「三人ともちょっと声がかれてるなぁ」と感じました。

seoul2jinho.jpg

ジノは最初からまたしてもギター弾きまくりで楽しそうです。
前回のコンサートでジノに情がうつりまくった(笑)ので今日はひたすら可愛らしく思えます。

seoul3seokhoon.jpg

1コーラスを歌い終えてステージの前方に三人。
相変わらずギターを弾いている(マネ)のジノを見ながら、ソクンもギターを弾くマネをしていた様子がとても楽しそうな笑顔でした。

 

大盛り上がりの雰囲気の中で「ラララ」を歌い終わった後にいつものように挨拶タイム…と思いきや、ギターの演奏の中で「ナエクミ ハナイッタミョーン…」とゆっくり歌い出すジノ。
マイナー調のギターの演奏のメロディーとジノの歌いっぷりのせいで、ほんの一瞬「ん?何の演歌?」と思ってしまいましたが、すぐに「あ、『真夏の日の夢』か!」とわかりました。

そんな調子でジノが1小節歌い切った後に、いつも聴きなれたイントロが流れて来て改めて「真夏の日の夢」が始まりました。

seoul4.jpg

途中で頭上から雪が降ってくるという演出もあってステキでした。
でも最後はやっぱり「サーラーンヘーヨー キム・ヨンジュン サーラーンヘーヨー イ・ソクン サーラーンヘーヨー キムジノ!」でしたが…(笑)。

歌い終わってステージが暗転しスクリーンに映し出されたのは、毎朝M-netつけてると必ず流れるドラマ「エデンの東」のミュージックビデオ。そして一人頭数が増えました。

seoul5.jpg

スクリーンにはソン・スンホンがバイクから降りて、走って来て海に向かって「ドンウガァーーーー!(ドラマの中での弟の名前)」と叫んでます。
そして、ジャジャジャーンというドラマチックなイントロが流れ出し、四人の歌に繋がるというスタイルでドラマチックに歌いました。

 

この歌を終えて、ようやくこのコンサート初めてのMCタイム。
挨拶をしたあとにヨンジュンが「5月24日から始まった5集ツアーが終わり、今日、アンコールコンサートをソウルでやることになりました」というような事を話し出すと、しんみーりしたBGMが流れ出して何だか涙を誘うような雰囲気。

seoul5yongjoon.jpg

せっかくのアンコールコンサートなのにメガネくんなヨンジュン。

そんなしんみりした雰囲気の中、「この4ヶ月の間、僕らメンバーも、スタッフの方達もすごく苦労してきましたよね、ジノさん?」とヨンジュンがジノに話をふります。

seoul5jinho.jpg

「再びソウルでアンコールコンサートを開くことになり、僕達がこれまでお見せしてきたものとは構成をすっかり変えてきたんですけど、今日ここに来てくださった皆さんだけにお見せしたいと思います!」と、今日のコンサートについてしっかり紹介した後にソクンにバトンを渡しました。

seoul5seokhoon.jpg

次に話すことになったソクンですが、ちょっとこみ上げるものがあるかのように言葉が出てこず、一呼吸置いてから「全国ツアーでヨンジュンとジノと色々なところをまわったんですけど…日本でまでコンサートをして…まるでワールドツアーをしたみたいな感じでした。ね!」とすごく明るく話しました。
でも、そんなソクンの様子を見つめていたジノの方が既にちょっとウルッと来ている様子…。

seoul5talk.jpg

ソクンのコメントを受けたヨンジュンが「新メンバーとして合流したソクンと全国ツアーをやって来たんだけど、始めた頃は正直すごくぎこちなかったです。…けど今はそんなこと全くなくて元々いたメンバーのように見慣れた顔となっちゃいました」と話していると、今度はソクンが下を向きながら泣きそうになるのを我慢しているかのように見えました。

そして「デビューして3ヶ月目にして初コンサートをしたんですよね。で、今も実はまだすごくぎこちないですよ。でしょ?」なんて気まずそうに話すソクン。
するとジノが「すごく馴染んでますよね?…ヒョンはいつも『ぎこちない』って言うんだけど、全くそんなことなくて、ここに来ている人達も皆、今のヒョンのポジションを認めていますよね!」とジノが励ますように明るく会場に問いかけ、私達も大きな拍手を送りました。

 

「じゃここから本物のsg WANNA BE?」とヨンジュンがジノに問いかけると「All right!!」とカッコつけて答えるジノ、「…OK!」とソクンも答え、三人で微笑み合い、ジノが「じゃあ行こうか」と言い、段をあがって最初登場した時のポジションに再び立ちました。

するとステージの前に再び薄い白い幕が降り、その奥にうっすら三人の姿が見えるような状態に。
その光景に、4月のカムバックの時に出演したMカウントダウンでドンハ、ヨンジュン、ジノが泣きながら歌っていた姿がダブりました。

seoul6.jpg

そして流れて来たピアノの音色を聴いて「!!!」

3集ツアーのオープニング曲「폭풍(暴風)」です。

初めて行ったsgのコンサートで鳥肌が立つ思いで一番最初に聴き、その瞬間にsgのコンサートの魅力にはまったと言っても過言じゃないこの曲、再び聴くことがあるとは思いもしていませんでした。

白い幕のせいで三人の姿がよく見えませんでしたが、それがこの曲の雰囲気に合っていました。
約2年ぶりにライブで聴いてみると、吠えるように歌っていたその当時に比べるとジノの声に以前のような爆発的な迫力はなくなったように感じ(今日のジノの喉のコンディションがイマイチだったのもあります)、また、切ない声で歌っていたドンハの声がなく、少し三人のハーモニーにまとまりがなく感じてちょっと残念に思いました。
でも機会があればもう一度この三人でのハーモニーを聴いてみたいなと思う曲でした。

続いて「罪と罰」。

seoul7.jpg

5集ツアーでずっと歌っていたこの曲はやっぱり三人の息がバッチリ合っています。
「いつまでこの白い幕がかかったまま歌うん~~」と思っていたらこの曲で外されてスッキリ、歌に集中できました。

ずっとステージの後ろの高い場所で歌い続け、続いて流れて来たのは「サルダガ」。

この曲はコンサート後半に感情が高まったところで聴きたいなぁと思いながらもやっぱり感動的なハーモニーにジーンとしながら、いつも涙が出てきそうになる2コーラス目のサビ部分にさしかかった時、熱唱している三人のそれぞれ隣に女性が登場。

seoul7seeya.jpg

「ん?」と思っていたら、登場したのはSeeYa。
それぞれペアになって歌い出したんですが、これがねぇ、全く良くなくて…!!(毒)
3集ツアーの時の「サランハギテムネ」とかだとちゃんとパート分けがされていて大丈夫なんですが、「サルダガ」はsgの三人だけの声で聴かせるのが最高の歌ですし、それ以前に6人でちゃんと合わせてないからかSeeYaの三人のハーモニーが全然ダメ、歌の合間にヨンジがジノに「どこで入ればいいの?」みたいな感じで聞いている様子が見えたりで興ざめでした。
そんな状態で歌っていてはsgの三人も歌に集中できなかったことでしょう。
いつも感動を与えてくれる「サルダガ」をこんな風に聴かなきゃいけないのが残念で、今日のコンサートでダントツで残念なステージでした。

 

で、引き続いてSeeYaのステージ。
3集でカムバックしたばかりのSeeYa、1集では歌唱力で勝負、2集ではちょっとアイドルチックな雰囲気…とイメージが段々変わってきているのですが、3集でまた大変身。
テクノみたいな音楽で派手な衣装で歌って踊るのがなんだか彼女達のイメージじゃない。
隣で友達が「ジュエリー(One more timeを歌ってるグループ)かと思ったよ」と言っていました。
タイトル曲の「Hot girl」に続き、ヨンジュンとヨンジュンの彼女(と言いたくもないが…)のファン・ジョンウムがフィーチャリングしているという「가니(行くの)」を歌うので「もしやヨンジュンとジョンウムが登場するなんてことは無いよね…」とヒヤヒヤしていたら幸い出てこなかったのでホッ。
(代わりに知らない女性歌手と超新星のグァンスでした)

 

別に無くてもよかったなぁ、と思ったSeeYaのステージが終わった後、ステージのスクリーンに赤ちゃんの写真が映り、ちょっとぽっちゃりした子供の写真が映り、一瞬「あら?ジノ!?」と思いましたがすぐに「あ、ソクンだ!!」と気づきました。
そしてその次にはデビュー前のセミプロ時代のぽっちゃりしたスタイルで熱唱しているソクンの映像が流れ会場からどよめきが起こります。
今より一回り太いスタイルだけど今のソクンと同じ仕草で歌っている映像が不思議な感じでした。
そして、sgのメンバーとして楽しそうに歌うソクンの姿と一緒に表れた「歌を愛する少年 彼はやがてsgのメンバーというポジションについた」という言葉を見て「良かったね、ソクン」とグッと来るものがありました。

最後に映し出された「その少年に拍手を送ってあげてください」に会場からは割れんばかりの拍手が送りました。

 

…そして、暗いステージの中にスタッフによって運ばれてきた黒いグランドピアノ…そしてそのピアノを弾いているのはそのソクンでした。

seoul8seok1.jpg

亀尾のファーストコンサートではドラムをたたきながら歌うというサプライズステージで私達に隠れた一面を見せてくれたソクンは、アンコールコンサートでスティービー・ワンダーの「Isn't she lovely」の楽しいメロディーに合わせてピアノの弾き語りを披露してくれました。
で、ラスト部分で鍵盤をドゥロロロロン♪(←わかります??笑)とする姿と弾き終えた時の姿がすっごいステキでやられました。

ピアノの前に座ったままお喋り。
「今日はアンコールコンサートということで何を歌おうかとすごく悩んで、まずは楽しい曲をお聴かせしたいと思ってこの曲を選んだんですが…どうでしたか?」
とソクンが言うので当然会場からは「良かったーーー!!」と賛辞の嵐。

「…実はちょっとピアノ間違ったんだけど…(笑)」

と、苦笑いするソクン。

全ーーっ然、気にならなかったからーーーー!!

ちょっとしんみりした雰囲気の中で

「昔…中、高校生の頃、反抗して親の言う事を聞かなかった時、唯一僕を抑えてくれたのは歌でした。(←聞き取れなかったけど、そんな意味の事だったと…)しかもキム・ゴンモ先輩の歌でした。…その時の歌を今皆さんの前でこうやって歌える事ができて本当に幸せです」

と、これまたステキすぎるコメントを話した後にキム・ゴンモの「미안해요(ごめんね)」をピアノを弾きながら歌い出すソクン。
バックバンドの演奏も一切無しでソクンが奏でるピアノの音色と歌声だけでしんみり聴かせるのがこれまた最高…。

そんな中で「ソクンオッパ ファイティーン!」という場違いなファンの声援が残念だったなぁ…と思った記憶が残っていますが…。

seoul8seok2.jpg

歌い終わって大きな拍手が鳴り止んだ後に再び静かに話し出すソクン。

「僕が今一人暮らししているので、家に帰ると寂しいんですよね。で、習慣のように、やっぱり僕も歌を歌う人間だからなのか、いつも習慣のように鍵盤の前に座って、電気を消してこの曲を弾きながら歌うんです。だから皆さんにお聴かせしたかったんです」

そして、一呼吸置いたあとに

「4月にデビューして…これまでの間、僕の夢を叶えてくださった皆さんに感謝の気持をどうやって伝えたらいいかすごく考ました。それで、この曲と一緒に伝えようと思いました。皆さんにすごく感動しました」

と、時々ちょっと言葉に詰まりながら話しきった後に流れて来たイントロを聞いて観客からは歓声、私も胸がキューーーン。

ソクンが歌い出したのはソン・シギョンの名曲「넌 감동이었어(君は感動だった)」。
メロディーも歌詞も感動的なこの曲、おまけに、この曲を選んだソクンの気持を聞いた後ですから、これを聴いて泣かずにいられますか!!

私はソクンに感動しっぱなしですってばーー(涙)。

こんな素晴らしいソクンをsgのメンバーに入れてくれた運命に感謝
ソクンに出会わせてくれたsgに感謝
sgに入ってくれたソクンに感謝

…って思いました。

 

そして、歌い終わってステージを去る時に、五線譜をしっかり持って帰った姿になんだかジーンとしました。

 

その後、三人の映像がしばらく流れたんだっけな?
ヨンジュン、ジノ、そしてソクンが再びステージに登場。
暗い中、メインステージ中央部分から続く花道を通って前方のサブステージへ向かう三人。
その時、先頭を歩いていたヨンジュンがゆるい傾斜の部分でツルッと滑りそうになったので一瞬ドキッとしましたが無事転ばすにすみました。
観客もビックリしましたが、ヨンジュン本人も一瞬焦った表情を見せた後すぐ照れ笑い。
後ろに続いていたソクンとジノも注意深く歩いて行きました。

そして、サブステージに用意された椅子に三人が腰掛け、いつもとは違うボサノバ風のメロディーにアレンジした「사랑하길 정말 잘했어요(愛して本当に良かったよ)」を歌い出します。

seoul9.jpg

普段からオリジナルバージョンも大好きな曲ですが、ボサノバ風のゆったりした演奏に合わせて静かな雰囲気で歌うのがまた雰囲気があり、特にソクンの優しい歌い方がこの曲の雰囲気にすごく似合っていて魅力的でした。
コンサート会場がジャズバーになったみたいな素敵な雰囲気でした。(…って、私、ジャズバーなんて行った事ないんですけどね…笑)

本当なら正面から三人の姿を見ながらうっとりと聴きたいけど私の席から見えるのは三人の後ろ姿だけ…
メインステージにあるスクリーンには正面から撮った映像が映されていましたが、スクリーンを見るよりも雰囲気のある後姿を見ながら聴くのも悪くないかな…なんて思いながら楽しむことにしました。

seoul9sg.jpg

歌い終わった後も引き続き前のステージで椅子に腰掛けてトーク。

ジノが「『サランハギルチョンマルチャレッソヨ』をボサノバ風に歌ったんですがどうでした?僕らの曲だけど良いですねー」と自画自賛。
すると急にヨンジュンが「ジノは…本当にちょっと恋愛したらいいのにって思います。今まで一度も彼女が出来てないし…ちょっとホントに恋愛しなよ」と、ジノの恋愛に対する話題に持って行き、ここからジノの恋愛に関してのトークが続きました。

ヨンジュンの発言に対して、ジノはちょっと恥ずかしくて決まり悪そうにした後「…僕も隠れてやることはやります」というような事をボソッと言い返しました。(このジノのセリフははっきり聞き取れなかったのでちょっと自信がありませんが…)

その後「これまで芸能記事で『ずっと恋愛経験のないキム・ジノ』って書かれたりしたんです」とジノが言うと、それに対してソクンが「噂はいっぱい流れたよね」とソクンがツッコミを入れます。

「噂だけですね。だから実は悔しかったりもしましたよ。ヨンジュニヒョンやドンハヒョンみたいに本当の恋愛とかはしてなくて、僕だけファンの人達が作り上げた噂ばかりで。ちょっと僕も本当の恋愛をしてみたいんだけど…ここにいらっしゃる方の中で僕の事を気に入ってるっていう方…居ますか?」とジノが言うので会場からは大歓声。勿論私も叫びます(笑)。

その後照れたように「コンサートでこういう事をよく言うんですよね。こういうのって面白いです」とごまかしていると、ヨンジュンが

「でも、本当にジノが恋愛してくれたらと思います。『愛して本当に良かった』という歌のタイトルのようにジノが恋愛をして『愛して良かった』と言うような事があって欲しいです。これまで5年間、一度もジノの口からそんなセリフを聞いたことがないから…それがヒョンの願いだよ」

と、ヨンジュンがお兄さんらしい口調で思いを伝えていました。
ジョンウムと仲良くしている様子を見ていてジノが羨ましがっているのをヨンジュンも感じてるんでしょうね。

するとジノも

「今日は恋愛できそうなお姉さんとか、妹とか、そして前にいらっしゃるお母様方とか(笑)。後で電話番号教えますからね」

とリップサービスをしながら照れをごまかし(この時「真っ先に“ヌナ(お姉さん)”って言ったよね!」と喜んだ私と友達です)、その後「ソクニヒョンは?」と話題の矛先をソクンへ向けました。
ソクンも「僕も恋愛してみたいです」なんてリップサービス。
ジノとヨンジュンが「またまたー」とツッコんだ後にヨンジュンが「ソクンは経験豊富でしょ!」と言い、ジノも「ソクニヒョンは経験が多そうな感じするもんね」と言うので、ソクンも照れて「あー、そういえば皆さん5集は購入されました?」と、無理矢理全然違う話題に変えていましました。あらら、残念(笑)。

「買いましたよー」の声に対して「なのにどうしてあんまり売れなかったんだろう?」とヨンジュンが冗談を言った後にジノが「でも不思議に思う事があるんですよ。アルバムが発売されて随分経っているのにずっとランクインしていて、上がったり下がったりしながらも圏外には落ちた事が無いんです」と嬉しそうに話します。

seoul9sg2.jpg

そして「皆さんが僕らの音楽を愛して下さっている事に改めて感謝します」と言って、三人が椅子から立ち上がり観客に向かってお辞儀をしました。
ヨンジュンは「真面目な話、皆さん、僕らのアルバムに投資されるといいですよ(笑)。時間が経っても価値がありますから」なんて冗談を話した後に「これからも時間が経ってもずっと光り輝く音楽を作り続けていきますのでどうか応援してください」と素敵なコメントを付け加えました。

すごくすごく沢山お喋りした後に「ここで中間地点ですね、まだまだ続きますので楽しんでください」と言って「세글자(三文字)を歌います」と、これまた初披露の曲に歓声をあげました。

seoul9sg3.jpg

MtoMのオリジナルバージョンではなく、昨年発売になった4.5集に収録されているようなゆったりしたメロディーでした。
でも、ちょっと歌いなれていない感じはあったかな…と。
「暴風」同様にこれも改めてまた聴いてみたいなぁと思った曲でした。
ちなみに正面のスクリーンにはこんな風に三人の姿が映し出されていて、それも結構良かったです。

三人が前のサブステージから引き返して来て一旦下がり、スクリーンに映し出されたのはどこかのスタジオでヨンジュンが踊りの練習をしている映像。
その映像を見て「あっ、今度出演するミュージカル『젊음의 행진』の練習風景だ」とピンと来ました。

seoul10yong.jpg

そしてバラードっぽい曲を歌いながらヨンジュンが登場してきました。
(「소중한 너(大切な君)」という曲だそうです)

seoul10yong1.jpg

そしてサビ部分にさしかかった時に女性の歌声が加わり、ステージ袖から登場したのはそのミュージカルで共演するキム・ジウでした。

「僕が今度ミュージカルをすることになり、相手役のキム・ジウさんが来てくださいました。そして、他の出演者の方達も応援に駆けつけてくださっています」とヨンジュンが紹介すると続々登場。

seoul10yong2.jpg

「挨拶を…」ということで、ヨンジュンの隣に立っていたミュージカル俳優さんにマイクを渡すヨンジュン。
この俳優さん、ヨンジュンとダブルキャストで同じ役を演じるということだったんですが口調が面白く、隣でヨンジュンが何度もウケていました。

seoul10yong3.jpg

「ヨンジュンさん、毎日忙しいのに夜中まで練習して目にできものまで作って頑張ってるんで応援してあげてください。で、ヨンジュンさんが出る時だけでなくて僕が出る時も観に来てくださいねー」と言っていました。
あぁ…、オープニングはメガネで登場したのはやっぱり目にできものが出来てたのね。
連日にわたってのコンサートの準備とミュージカルの練習で疲れが出たのでしょう…(涙)。

seoul10yong4.jpg

「今からヨンジュンさんが披露しますが、まだ練習不足なので間違えるところも多いと思いますけど愛嬌だと思って優しく見てあげてくださいね」とダブルキャストの俳優さんとキム・ジウが予めフォロー。

そして、ミュージカルの一コマだと思われる曲を歌いながら、ミュージカルの仲間達と共に動きの激しいダンスを披露しました。
…正直言うとまだまだ練習不足だな、と感じる部分はありましたが頑張ってたね。

seoul10yong5.jpg

呼吸を整えて、ジャケットを脱いでMCを始めるヨンジュン。
いつものコンサートでは歌だけ歌い、こうやって一人でMCをする事って無かったので珍しい光景です。
そんな中でちょっとしんみりした音楽が流れて来ました。

「やっぱり緊張しますね。こうやってsgじゃない活動で、初めての事に挑戦する時ってドキドキして『僕なんかにちゃんとできるだろうか』と心配になりました。だけどさっき登場してくださった方達がすごくサポートしてくださってるので、僕もうまくやれると信じています。なので皆さんも温かく見守っていてくださったら嬉しいです」

と話した後に

「そして、いつまでもキム・ヨンジュンはsgWANNABEのキム・ヨンジュンでいることをお約束いたします!」

と言ったんです。

…今年初めにドンハがメンバーを脱退し、その後ヨンジュンの再契約の時期に「次はキム・ヨンジュンも脱退?」という推測の記事なんかが出たりしてファンの私達も「次はヨンジュンが脱退…なんてこともあるのかな」と不安に思う出来事もありました。
そんなファンの不安を打ち消すような宣言でした。

seoul10yong6.jpg

続けて
「皆さんも夢を持っていらっしゃると思うんですけど、僕も小さな頃からの夢が一つずつ叶って行き、そんな事に喜びを感じてすごく幸せです。皆さんが居るからこそ今この場に立っていられるということに本当に感謝しています」
…と、一気に話したところで息切れしたのか「ちょっと水飲みます」と言うので笑いが。
「これからも皆さんの期待に応える、そんなキム・ヨンジュンに、sgWANNABEになれるよう努力します」と感動のMCをしてくれました。

いつも真面目な表情でカッコイイ表現をしながら自分の気持を伝えてくれるジノやソクンとは違い、ソロステージでは会場の雰囲気を盛り上げる明るい曲だけを歌ってMCはしないヨンジュンがこんな風に真面目にお喋りするのって珍しいんですよね。
なので「ヨンジュンって本当に単純に明るくて、あまり深刻に考えたりしていないのかな」と思う事もあったのですが、いつもと同じ明るい表情で、ちょっぴりぎこちない口調ではありましたがこうやって彼なりの真剣な思いをしっかり伝えてくれたのがすごく嬉しかったですし感動しました。

seoul10yong7.jpg

そして、ステージ前にスルスルスルと登場したリフトに乗りヨンジュンが歌ったのは名曲「거위의 꿈(ガチョウの夢)」

seoul10yong8.jpg

私達の頭上をヨンジュンが飛びます。

seoul10yong9.jpg

「私には夢がある その夢を信じる 私を見守っていて 冷たく立ちはだかっている運命という壁の前にも 堂々とぶつかれるよ」

という歌詞がさっき話していたヨンジュンの言葉にぴったりで、高く上がったリフトの上で歌っているヨンジュンの姿に重ね合わせて感動しました。
今年はリーダーとして苦労も多くて辛かったと思いますが、それが彼を一回り成長させた(体格じゃなくて精神ね)んですよね。
リフトで高い場所に上がりながら歌っていたヨンジュン、立派でした。(体格じゃなくてね←しつこい)

 

感動のステージが終わり、ヨンジュンを乗せたリフトがゆっくり下がって来ます。
…そんな中に登場したのは今日のメインゲスト、イ・ヒョリ

ヒョリの登場に会場から大歓声が起こる中、ヨンジュンはシュルシュルと下りて来たリフトにまだ乗ったまま。
イ・ヒョリのステージのジャマにならないようにリフトの上で小さくしゃがみながら「困ったなぁー」って感じでリフトに乗せられたままスポットライトを浴びずに横にはけていく姿がすごくオトボケっぽくて可愛くて、ヒョリよりもそんなヨンジュンに釘付けでした。
やっぱりカッコ良くないヨンジュンが大好きよ(笑)。

ヨンジュンがしょぼしょぼとはけていった時、ステージのど真ん中ではイ・ヒョリのステージが始まっていました。

seoul11hyolee.jpg

いやー、ヒョリ、カッコエエ。

派手なイメージで昔はあんまり好きじゃなかったヒョリですが、サバサバした性格とステージで見せるカリスマ、やっぱり素敵です。
ヒョリの影響で最近やたらとセクシー系歌手が出てきてますが、やっぱりイ・ヒョリに勝る人はいません。
sgファンの若い女の子達も大歓声を上げていました。

seoul11hyolee2.jpg

激しいダンスと共に歌い終わって(リップシンクじゃなくちゃんとライブで歌っていたのもエライ)息を切らせながらのMCで「sgは後輩ではあるけど、歌に対する姿勢とか学ぶところが多い歌手です」と、言ってくれたのが嬉しかったです。

 

ヒョリがカッコ良く去って行った後にスクリーンに映し出されたのは若い男の子や女の子達。
「sg先輩のような歌手になりたいです」とか「いつかステージで共演出来る日が来るのを願っています」とか話しているので「あぁ、歌手の卵とかデビューを控えた練習生達かな」と思って見ていました。

ステージの幕が開くと後ろには聖歌隊の少年少女達が。
そして、彼らの前に登場したジノは花道を通って前方のステージへ行きます。

seoul12jinho.jpg

ジノが楽しそうに指揮をして聖歌隊が歌い出したのは「Oh Happy day」。

seoul12jinho3.jpg

賛美歌のコーラスに合わせて黒人歌手のように音楽に合わせて体全体を動かして歌っているジノはとっても満足そう。
ブラックミュージックが好きで、アメリカに行った時にも本場のR&Bを味わって感銘を受けていたジノ、きっとずっとこんなステージをやりたかったんだろうなぁとこの時感じました。

seoul12jinho5.jpg

歌い終わり中央のステージに戻り、「…暑いのになんでマフラーなんて巻いてるんだ?」と言いながら暑そうにマフラーをもぎ取り、話し始めるジノ。

seoul12jinho6.jpg

「今一緒に歌った聖歌隊の仲間達は殆どが高校生です。僕と同じように歌手になる夢を持っていたんですが、うまくいかなくて…そんな子達を」と言って後ろを振り返り

seoul12jinho7.jpg

「この後姿だけが見えている子は僕が大学路で歌っていた頃からの知り合いで本当に親しい友人です」と、観客に背を向けて聖歌隊を指揮していた女性を紹介しました。
「今はこうやって歌を教えながら、歌手になるのが夢だった子達に歌える場を作ってあげる人になったんです。彼女に拍手をお願いします」と、ずっと後ろを向いたままの彼女を讃えていました。

seoul12jinho8.jpg

そして歌い始めたのは「고해(告解)」。
沢山の歌手がこの歌を歌いますが、ジノの「告解」がやっぱり一番最高です。

seoul12jinho9.jpg

特に今日は後輩や仲間達にイイところを見せたくてなのか(?)、このステージいつも以上に力を込めて歌うので、元々ちょっとかれていた声が「そんなに声を張り上げたら喉を潰しちゃうよ」と心配になる程の歌声でした。

seoul12jinho4.jpg

再び前のステージに歩いていきゴスペルのコーラスをバックに「I believe I can fly」を声の限りに歌うジノ。
同じ夢を持った仲間と同じステージに立っているという幸せと音楽に酔いしれて、一人で前のステージに行って歌っているジノは、観客の事も忘れてただただ自分の楽しみの中にいたように見えました。
そんなジノを見て「あぁ、本当に好き勝手やってるな」って思いました。

それはジノのワガママとか自分本位な行動…という意味じゃなくて、ジノがやりたいステージをやれて本当に幸せそうだなぁって思ったということで…。

なんというか「そう、ジノはジノがやりたいようにやったらそれでいいんだよ」って思いました。

 

ジノの大大大熱唱が終わり、再びメインのステージに戻ってきたジノと、再登場のヨンジュンとソクン。
そして聖歌隊の仲間はそのままで、こちらも現メンバーでお初の「죽을만큼 사랑했어요(死ぬほど愛したよ)」を歌いました。

seoul13.jpg

と言っても、80%位の割合でジノが歌っていて、ソクンとヨンジュンのパートが随分少なかったです。
この歌をソクンの声でもう少し聴いてみたかったです。
で、メインで歌っていたジノ、この歌の時はかなり声が出てなくてちょっと苦しそうに歌っていたなぁという印象が残りました。
さっき熱唱しすぎましたもんね。

seoul13seok.jpg

…それと、ソクンのジャケット&ボーダーTというスタイルがすっごく爽やかで素敵でした。
(後でこのジャケットを脱いでボーダーT1枚になった姿がこれまた良くって…[黒ハート]

 

seoul13sg.jpg

その次に流れて来た曲は初めて聴くメロディーは、ブラックミュージックって感じのパワフルでダンサブルな曲は「It's raining man」という曲。

seoul14.jpg

歌い出してすぐ再び前方のサブステージの方へ行きシャウトしながら歌う三人。

この歌、私は初めて聴いたのですが、三人の中でソクンの歌声の存在感がひときわ強くて、歌いなれているように感じました。
こういう曲ってソクンのパワフルな歌い方が引き立ちます。

私の席からは後姿しか見えませんが、その後姿から本当に気持良さそうに歌っているなぁってのが伝わってきて、三人の後姿がまた魅力的で「こうやって後姿を見ながら歌を聴くってのも悪くないもんだわ」とちょっと思いました。
また、ソクンがこの曲の途中でジャケットを脱いでボーダーのTシャツ一枚になっていたんですけど、その肩と背中のラインが私好み(?)でちょっとキュンと来ました(笑)。
ソクン、蝶ネクタイよりもこういうラフで爽やかなスタイルが似合うのに。

…けど

「これからI字形のステージ構成の時は前の席よりサブステージ付近の席を購入するぞ!」

と思った私です。正直言うと。

 

次に流れて来たのは5集ツアーでお馴染みの「君は僕に惚れた」
やっぱりこの曲は盛り上がるので今日のコンサートでも入れてきましたね。
この時も印象に残ったのは、ソクンが前のステージからメインステージまで、自由に走りまくって、飛び跳ねまくって、叫びまくって、イキイキとしながらこのコンサートを観客と一緒に楽しんでいるなぁということでした。
(当然、ヨンジュンとジノも暴れまくっていたと思いますが、私の視線はソクンで固定されていたようで二人のことは印象に残っておらず…汗)

 

楽しい雰囲気で盛り上がった後、息を整えてMCタイム。

seoul14sg.jpg

…この時も前方のステージでやるので後姿を見つめながら…ちょっと寂しかったです。
でも、周囲の韓国ファンの子達が「こっち向いてしゃべってよーーー」「私らを無視しないでー」なんてブーブー不満を言うのを聞きながら、気持は理解できるけどちょっと聞き苦しいなぁと思いました。

 

「いよいよ残すところ最後の1曲となりました」とジノが話し、ヨンジュンが「今日のアンコールコンサートを準備していてすごくプレッシャーもあってドキドキしましたが皆さんとこんな風に一緒に楽しめてよかったです。こうやってコンサートをしていて1集のファーストコンサートの時を思い出していました。あの時の気持を忘れずにこれからも一生懸命頑張るsgになっていきます」と立派にシメました。

次にソクンが話し出すと再びちょっとしんみりした雰囲気のBGMが演奏され「あ、なんだか悲しい音楽がまた…」とソクンが言い、ジノが「ヒョンを泣かそうとしてるんだ(笑)」なんて言っていました。
そんな雰囲気の中で「…5月24日に亀尾から始まったツアー…正直言って最初はプレッシャーもすごく大きかったです」とソクンが語り始めました。
そして、

「今、ここに立っていると色んなことが思いがあるんですが…僕がメンバーと初めて会ったのはまさにここなんですよね」

…そう、1月にドンハが脱退することが決まってから非公開で行われたオーディションで選ばれたソクンは、2月にここ体操競技場で開かれたカルチャーMコンサートの時に控え室を訪れ「今度入る新メンバーだ」とヨンジュンやジノ達に紹介され、その後、客席でsgのコンサートというのを見たというエピソードをラジオ番組に出演した時に話していました。

「その時、素晴らしいコンサートを見ながら『僕がこれからこんな風にちゃんとできるだろうか』『ドンハヒョンのようにやらなきゃいけないんだ』とか思ったんです。まだまだ足りないところもあるけど、これからもっともっと頑張っていきます。今、皆さんに対しては“ありがとう”という言葉しかありません」

私の席からは彼の後姿しか見えなかったので、こんな事を話しているソクンの表情が見えなかったので(あぁ…やっぱり正面から見たかった)どんな表情をしていたかはわかりませんでしたが、ちょっと声が詰まっていたのできっと泣いていたでしょう。
デビュー前の迷い、デビュー後の悩み、苦労、そして5ヶ月間頑張りきったという感動…色々な思いで一杯だったのに、それでもはっきりと話せたソクン、立派でした。

それに続いてジノが
「こないだTGUSのヒョン達も言っていましたが、僕達って本当にいつもスケジュールがいっぱいで大変なんですけど、ソクニヒョンは入ってすぐにそんなスケジュールをこなしていかなくちゃいけなくて本当に大変だったはずなのに、僕らよりも頑張って上手くやっていました。そんなソクニヒョンに拍手をお願いします」
と言い、会場からは大きな大きな拍手が起こりました。

seoul14sg2.jpg

その後、…多分最初にヨンジュンからだったと記憶しているのですが、ソクンのもとに近寄っていき、お互いの頑張りを称え合うかのようにギュッと強く抱擁し合いました。
これも後姿だったのですが、スポットライトを浴びながら抱き合う三人の姿がまぶしくて大感動でした(涙)。

「新しくなったsgに対して、期待も大きい分プレッシャーも大きいですがこれからも頑張るsgでいます」とジノが頼もしいことを言い、三人でもう一度握手したりハグし合った後に拍手と歓声を受けながら花道を通りメインステージへ戻って行きました。

 

三人がメインステージへ戻りいつもの定位置に立つと先程ソクンのソロステージで登場したグランドピアノが再び登場。
弾いているのは美少女ピアニストのチン・ボラです。
軽やかな音色が流れ、ピアノのもとへ近寄っていく三人。
そして、ピアノの音色に合わせてジノが「オ~チョム…」と「Timeless」を歌い出しました。

ピアノの前奏はオリジナルの「Timeless」のメロディーとは全然違いましたが、「きっと“sgの原点”となった曲という意味で『Timeless』を歌うだろうなぁ」という私の予想があたりました。

seoul15timeless.jpg

ピアノを囲んでジャズっぽいメロディーで「Timeless」を歌う三人。
曲調に合わせていつもとまた違ったちょっと軽い雰囲気の歌い方でした。

seoul15timeless3.jpg

seoul15timeless5.jpg

seoul15timeless6.jpg

「タシットナルル サラガゲハルコヤ~」という部分ではボラちゃんもピアノの演奏を止めて三人のアカペラのハーモニーを引き立てる演出。
ピアノを囲んで三人の呼吸もバッチリで素晴らしいハーモニーが広がりました。

その後のラスト部分、「ナルアプゲヘッチマン ウルゲヘッチマン イゴハナマンクムン コマウォ ヌンガムヌングナル ネガカジョガル チュオクマンドゥロジョソ」という部分を二度繰り返し、三人も自分の歌声を最大限に聴かせてくれました。

お人形のように可愛いボラちゃんの軽やかなピアノの演奏も素敵で、イイ演出だったなぁ。

seoul15timeless7.jpg

「最後のコンサートを皆さんと一緒に出来てよかったです。ありがとうございました。僕達3人で永遠に一緒に歌っていきます!」

とジノ。そして

「そして…ありがたい二人のヒョン…I LOVE YOU!!!」とヨンジュンとソクンに向かって叫ぶとヨンジュンとソクンも「THANK YOU! I LOVE YOU!!!」と返し三人で笑顔。
今日のコンサートを、これまでの5ヶ月間の活動を三人でやり遂げて、強い絆で結ばれているような、そんな雰囲気を感じました。

 

三人が一旦ステージから去り、当然大きなアンコールの声が会場を包み、再び登場して来て歌い出したのは「ネサラム」。
…と、登場してきたと思ったら再び花道を通って前方のサブステージへ…あぁ(涙)。

やっぱり“I”字型ステージでは後ろ寄りの席がオススメです…(涙)。

 

5月の亀尾のコンサートではこの曲の時に後ろを向いて泣いていたソクン、今日のステージでは私からは後姿しか見えませんでしたが、歌声とその背中からは自信が溢れていて頼もしく見えました。

いつもは最後に「ネサラム」を歌うので「もしかしてアンコールは1曲だけ?」と思いましたが、続いて流れて来たのは「アリラン」。

これまた後姿しか見えないので確認できませんでしたが、出だしのジノ…すっごい音程がはずれた歌い方でした。
歌いすぎて声が出なかったのか、泣いていて歌えなかったのか…多分泣いていたんでしょうね。

それと印象的だったのが、「アリラン」の時のソクンとジノ。

ソクンは前方のステージで最後まで歌っていると、私のように前の席に座っているファンが気の毒だと思ったのか、「アリラン」の時に何度か後ろを振り向いて「そろそろメインステージに戻ろう」という感じでこっちに戻って来たのでした。
で、戻って来る前にジノにも「戻ろう」といった感じのそぶりをしたように見えたのですが、それに対してジノは「僕はここにいるんだもんっ」って感じで聞き入れずそのまま前方のステージで歌っていました。

そんな風にファンに対して気配りをさりげなく出来るソクンって魅力的だなぁと思い、一方、自分のフィーリングでステージを楽しんでいるジノの様子を見て「やっぱりジノだ」と思いました。(←悪い意味じゃなくてね)

seoul16seokhoon1.jpg

メインステージに戻ってきて私達の席の前に立ってくれたのでようやく彼の歌っている表情をしっかり見ることができました。
ちょっぴり鼻が赤くなっていましたが、涙は見せず観客席を見渡しながら幸せそうな表情でした。

ソクンが戻ってきて間をおかずヨンジュンが、そしてしばらくしてジノもメインステージに戻ってきて最後は三人が揃い、最高のアンコールコンサートが幕を閉じました。

 

4ヶ月間続いた全国ツアーとは全く違った構成で大きな感動をくれた今日のコンサート。
(春川コンサートで「全く違うものなので楽しみにしていてください」と言っていたソクンと、「ほんのちょーっと違うだけです」と言っていたヨンジュン。ヨンジュンが嘘ついてたのね)
…まさに三人で考えて作り上げた素晴らしいステージで、一生忘れられないような思い出となりました。

 

seoul16seokhoon2.jpg

最後に撮ったソクン。
充実感、自信、幸せ、感動…沢山の思いがつまっているように見えるイイ表情をしていますよね。

ソクン、頑張ったね、感動をありがとうね、sgのメンバーになってくれてありがとうね。

 

音楽性、活動スタイル…色々な面で時には厳しい批評もありますが、私はやっぱりヨンジュン、ソクン、ジノのsg WANNA BEが大好きで、何があってもずっと応援していくだろうなぁと思います。

 

 


…頑張っている三人の姿を実際にコンサートをご覧になっていない人にも伝えたくて、それよりも自分の中で記録として残しておきたくて長々といつも書いてきたsgコンサートのレポブログですが、とりあえず今日でひと段落です。
(この最後のブログがこれまた激長ですが…汗)

読んでくださった皆様、お付き合いありがとうございました。

 

…来月からしばらく日本での活動が中心となるsg、その間は韓国に住んでいる私が彼らを見る機会が減ると思われますが、また年末あたりにはコンサートレポが復活する時期になるかと思われます(笑)。


nice!(1)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 20

yuka

なんだかんだで、ワッタガッタして、日本の活動もレポしてくれるんじゃないかと思います(笑)

ウリバンチングが、日本での握手会に参加したそうですが、一番最後で、
ジノにハグされたそうです!!!
by yuka (2008-10-26 13:36) 

みっく

こんばんは 長いレポート本当にお疲れ様でした 読ませて頂きながら感激しちゃってちょっと泣きそうになりました 頑張って1日1日3人は前に進んでるんですね いつもおどけるヨンジュン君のコメント胸にしみました…地元のコンサートチケットも無事取れました!初めてのsgの生の歌声…又聞いた後コメントしていいですか DVDでこんなに毎日感激させてくれる歌声を生で聞けるなんて夢みたいです…まだドンハ兄さんとのsgの歌声がなかなか切り離せなくて今だ未練ばかりの私なんですが新sgもドンハ兄さんの新しい道も応援してるんです…あまりにも3人のハーモニーと絶妙の個性のバランスが胸から離れなくて…初コンサートではしっかりソクンさんの歌声聞いて楽しんできます!
by みっく (2008-10-26 17:38) 

西亜

おぉお疲れ様でした~
ソウルコン、すっかり忘れてましたよ(^^;)
盛り上がったり、盛り下がったり、アップダウンしましたが、後半はアップアップでよかったですねぇ。
すっかりソクンよりで、ジノの写真が少ないのが残念・・・(笑)
行ったような気分になれましたよっ
ありがとう(^^)ノ
by 西亜 (2008-10-27 00:11) 

おすみ

すっちさん。ありがとうございました。
お疲れ様で~す。
繰り返し読ませていただきました!

ヨンジュン君の「sg WANNA BE+のキム・ヨンジュンでいる」発言は
自分でビックリしたんですが、予想以上にうれしい発言でした^^
一人一人の幸せを・・と思いながらも、やっぱり自分の好きな人は
自分の好きな場所に居て欲しいと思っているものなんですね。^^
そして、ジノの小さな抵抗・・・・
これが病棟でおっしゃってた「女の勘」ってやつなんですね^^
なるほど~。
ヨンジュニヒョンの、ヒョンとしての願いってのも泣かせますなぁ~^^v

そして、最後のジノの
「僕達3人で永遠に一緒に歌っていきます!」
という言葉。最初読んだときは、ジノらしいな・・ぐらいにしか
受け止めてなかったんですが、夕べ、野球場で愛国歌を歌う3人
を見ていたら、おじいさんになってもこの3人が並んでるイメージが
ポンと浮かんで、ビーチボーイズとかローリングストーンズみたいに、
ほんとにおじいさんになっても、この3人で歌っててくれたら
どんなに幸せだろう・・って思いました。
なんだかそれが出来そうに思える、3人の絆でした。

今年のこの3人が乗り越えて来たことを思うと、胸がキューンと
なります。
この3人は・・。
友だちであり、仲間であり、同志という間柄になったのでしょうね。
うまく書けませんが、私もこれからも
ヨンジュン・ソッ君・ジノのsg WANNA BE+を応援していくのだろう、
していきたい、としみじみ思いましたよ。

ありがとうございました。m(..)m

by おすみ (2008-10-27 08:27) 

kayon

ソウルコンサートすごくよかったですね☆
私、感動して泣いたり、飛び跳ねたりで…(笑)

すっちさんのブログを読んで、
また思い出しました。

やっぱり韓国語がほとんど分からないので、
MCがイマイチ…
ソクンの感動的な話とかは、
なんとなく雰囲気とか単語で分かったんですが、
笑いのポイントなんかはさっぱり・・・???でした。

で、私も同感です。
「サルダガ」の三人の女の人は要らないと思いました…
涙がひっこんだ。

私はヨンジュン大好きなんですが、
コンサートに行って、
ソクンの優しさというか心配りを見て
ソクンってすごくいいなぁと思いました♪


で、私は日本に帰っています。
結局、すっちさんとは一度もお会いできなくて残念でした。
それ以外でもいろいろ
まだまだやりたいことがあっての帰国なんで、
断腸の思い?で帰ってきました(泣)
いろいろあってテンション低めな時もありましたが、
トータルで韓国での生活は
本当に本当に楽しかったです。
お世話になりありがとうございました☆

次は大阪コンサートが楽しみです♪
もしや、参加ですか??


by kayon (2008-10-27 10:03) 

アッコリ

すっちさん、アンコールコンのレポ、ありがとうございます~。
&お疲れ様でした。
そしてsgの3人もお疲れ様~。

私、コンサ直後に上がったソクンのネクタイ姿の写真見て、ステキ♪って思っちゃいました。
蝶ネクタイ以外のタイは初めて見たので新鮮で。
(って、普通のネクタイなんですけど^^;)
ソクン、本当に本当にお疲れ様でした。
精神的にも肉体的にも限界超えるくらいキツかったと思います。
もちろん、ヨンジュンとジノの支えがあったから乗り越えられたのでしょうが、
彼の頑張りに敬意を表したいと思います。
落ち着いているイメージの強いソクンですが、「君は僕に惚れた」ではステージを
>自由に走りまくって、飛び跳ねまくって、叫びまくって、イキイキと

楽しんでいたんですね。そんな大暴れしているソクンを見たいです。

そして「好き勝手やっていた」ジノ。
そう、ジノは自分の好きな歌を思う存分歌い音楽に酔いしれていてほしいです。

新リーダーとして負担が大きかったヨンジュン。
でも、彼の「いつまでもsgWANNABEのキム・ヨンジュンでいることをお約束いたします!」
という宣言がとっても嬉しいです。

私もいつまでも3人を応援していきます。
すっちさん、充実のレポート本当にありがとうございました<(_ _)>








by アッコリ (2008-10-27 14:03) 

アッコリ

あれ?
↑ 余白がこんなに~>.< すみませんでした。
by アッコリ (2008-10-27 14:07) 

シバ

凄い力作レポですね~
本当にお疲れ様^^そして有難うございます。

5集コンサートは終わりましたが、5集コンですっかり3人の絆ができ、ヨンジュン君発言とても嬉しいですね~
いろいろ心配してましたから、これから3人が一緒に成長していく姿がずーっと見られるんだと思うとほろり^^です。

もうすぐ11月、大阪で抽選が当たり都合がつけば、3日間SG君達に会える~~幸せだな~

すっちさん、ジャパンツアー良かったです!!まだ、いい席どこか?にあるような気もしますが、楽しんでくださいね!!

by シバ (2008-10-27 16:01) 

shunhi

素敵なコンサートレポ本当に有難うございました。

日本でもこの様なステージが見られたら…将来いつかは実現するかも !!
迫力あふれるレポとステージに大感動しています。
すっちさん
SG君たちトーク時の会話いつも詳しくアップして下さり
ありがとうございます。
ヨンジュンヒョンの願いだよ。~に対して、じのくんが~
「今日は恋愛できそうなお姉さんとか妹とかそして前にいらっしゃるお母さんとか(笑)後で電話……」リップサービスしながら照れをごまかし~
の部分ですが、
お母さんって言ってくれて
SGファンに私みたいな高齢な又お母さん世代も結構多いことを知っていてくれているんだなー。とうれしくなりました。
じのくんの心の片隅にでも、少しでも分かってくれているようで
、ますます応援したくなりました。
ソックンも私たちの願いに答えて、ぐんぐん成長してくれて
すっちさんに続きまして、だいぶ遅れて、ですがソックンに凄く感謝の気持ちでいっぱいです !!
さあ私に出来ること、草の根レベルですが、口コミでSGのPRをして
いくことしかできませんが、手ごたえが余りなくて、でもくじけないで
大好きなSG君たちのため~応援頑張っていきますね。


by shunhi (2008-10-27 16:09) 

pul-chang

読ませていただきながら、涙が止まりませんでした。。
イスに座って歌ったり、ピアノを囲んで歌ったり、
ぜひ一度やってほしかった(できれば見てみたかった><)演出です。
ソクンの「Isn't she lovely」聴いてみたい。
なにより、ヨンジュンの「ガチョウの夢」は、聞こえてくるようで(←幻聴かー^^;めっちゃ好きな歌です)

大変なとき、自分のことをきちんとみてくれている人がいるって心強いですよね。
sg3人も、見守っていてくれたすっちさんたちぺンがいてくれたこと、
きっときっと伝わっていることと思います^^
毎回のレポ、本当にお疲れさまでした~!!
by pul-chang (2008-10-27 20:59) 

すっち

☆yukaさま☆
…いやいや、基本的には韓国活動専門で日本での活動には首をつっこまないと決めている(っていうかつっこんでられない)ので日本活動中は韓国でおとなしくしておきます。

…今回だけね。最初で最後…のはず(笑)。

☆みっくさま☆
今では今のsgのハーモニーがすっかり心地よくなった私ですが、それでもこのコンサートで初挑戦した曲を聴いた時なんかは「ここにドンハのハーモニーが加わってたのになぁ」と、恋しくなりました。
素晴らしいハーモニーだっただけに忘れることは出来ませんが、新しいハーモニーもまた違った魅力があって私は大好きです。

初めての生の歌声…CDとは比べ物にならないくらい大きな感動があると思います。
素晴らしい構成と音響のコンサートでみっくさんにそう感じてもらえますように…。

☆西亜さま☆
ほんと、いつの話だよ!って感じですがなんとか書き上げました…(汗)。
コンサートが終わってしまった後に想い出に浸る為の自己満足です。
西亜さんにも是非とも観ていただきたかったーって程、素晴らしいコンサートでしたよ。
…で、西亜さんが行っていたら、きっと私同様ソクンに再び傾いたであろうと…(笑)。

☆おすみさま☆
ヨンジュンの発言、前触れも無く突然こう言ったので、正直一瞬は「え?」と思ったのですが、ちょっと遅れて感動がやってきました。
ヨンジュンが自ら望んでそう言ってくれていたのなら本当に嬉しいです。

あ、韓国シリーズでの愛国歌斉唱、私も生で見ていましたが堂々としていました。
ソロ活動や兵役等々、難しい事情ってのはこれからもあるかと思いますが、おすみさんがおっしゃるようにずっと三人で歌い続けてくれる彼らを見ていけたらいいなぁーって心から思います。

☆kayonさま☆
韓国ご滞在中、結局一度もお会いできず残念でした…。
でもソウルコンサートご覧いただけてよかったです。

ソクンはそうですねー、本人の中でも余裕が出来てきたのか観客に対しても気配りができてるなぁって感じさせられることが結構ありますよね。
今までは新入りということでちょっと控えめな感じでしたがこれからはチームを引っ張っていくような感じで頑張ってほしいです。

…ってことで、大阪コンサート、ほぼ参戦決定です。

☆アッコリさま☆
ソクンのネクタイ姿、蝶ネクタイだとなんだか情けなく見えるんですが普通のネクタイだともともとの知的な雰囲気が更にアップして素敵に見えました。
けど、ボーダーTとかの普通の兄ちゃん姿がもっと好きです♪♪
この日のソクン、I型ステージを縦横無尽に走り回って飛び跳ねていてイキイキしてましたよ!
日本でもそんな風にしてみて欲しいですが…それはもう少し先になりそうですかね^^;

☆シバさま☆
長かったでしょー(汗)。
自分でも「何をそんなに…」と思いながらも省けずこんなになってしまいました。

シバさんは日本で3日間sgと会えるんですかー。
楽しみですね!!
私も少しでも沢山、日本で活動している彼らを見てみたい…と今からワクワクしています。

☆shunhiさま☆
日本と韓国では構成も雰囲気も全く違ってきて、日本ならではのステージの魅力もありますが、いつかは韓国のコンサートのように自由にやりたいことをやるステージを日本でも見せてくれる日が来るといいですね。

ジノの「お母さん」発言、お喋りしていた時に観客席の年配のファンの方が目に入ったようで「いらっしゃるお母様方~」と言い、ヨンジュンとソクンが「お母様方は…(結婚しているから)ダメだよー」とツッコんでいて可愛かったです。

私もsgを広める活動をこれからも地道にやっていきたいと思います。
頑張りましょう!!

☆pul-changさま☆
うー、pul-changさんにもこのコンサートを是非観ていただきたかったー。
きっとすごく感動していただけたと思います。
ヨンジュンがリフトで高い所にあがってスポットライトを受けて歌う「ガチョウの夢」、感動でしたよ。
是非聴いていただきたかったーー。


…あ、そういえば既にクリスマスコンサートの日程が出ましたよー。
今年もいらっしゃんでしょうか??(^m^)
by すっち (2008-10-29 00:39) 

BlogPetのかんあじ

視線って…なんだろう…?
by BlogPetのかんあじ (2008-10-29 14:44) 

palpal

 すっちさん、いつも感動です。目の前に彼らの姿が、声が聞こえてくるようです。1月のコンサート以来のコンサート楽しみですが、日本のコンサートと違う感じしますね。1月はドンハ君のことで、気持ちも少し沈みがちでしたけど。すっちさんと、同じように楽しみたいなあ。クリスマスコンサート行きたくなりました。ビートルで、、、釜山。
by palpal (2008-10-29 23:01) 

シバ

すっちさん 大阪来られるんですね~
是非、お目にかかりたいです!!
何か判るもの教えてくださ~い!!!
by シバ (2008-10-30 21:59) 

Q

星飛馬みたいな涙流しながら読みました~。。。
いやーなんだろ。。(ひとりで整理つかない状況・・・)SG最高!って感じです(簡単な言葉しかでてこない・・・)
これを胸に。。。日本のコンサートがん見してきます。

本当にいい子たちなのねー。。ますます。。ハマっていく模様です。。。
by Q (2008-10-30 22:06) 

すっち

☆palpalさま☆
そうですねー、やっぱり韓国と日本ではコンサートの構成、観客の雰囲気、そして三人の様子…色々な面で違いますよね。
私は日本のコンサートに一度も行ったことがないのでわかりませんが、韓国には韓国の、日本には日本の良さってのがそれぞれあるんでしょうね^^

クリスマスコンサート、毎年釜山でやるんですがすごく盛り上がるらしいんですよ。
是非!!(笑)

☆シバさま☆
大阪…行くつもりだったんですが、ちょっと事情が変わり若干雲行きが怪しくなってきてちょっとわからなくなってきました…(汗)。
なんとかして行きたいと思っているのですがー。

もし行ける事になってもおとなしーく観ていると思うのでどうぞお構いなく~~(笑)。

☆Qさま☆
Qさーん、具合大丈夫ですかーー。
きっちり体調直してくださいねーー。

で、そう、やっぱりsg最高なんです!
そして、Qさんがますますハマっていってくださって嬉しいです。

がん見してきてくださいねーーー。
by すっち (2008-10-31 22:44) 

meron

すっちさんのツアーもとうとう終わったのね~~
抱きしめあう3人に号泣なんですが!!涙
(久しぶりに読み直したらまた泣けた・・)

ほんとにお疲れ様でしたー!
ソウルでの夜、私も最高に幸せでした!すっちさんありがとうー。
と、、最後のアンコールコンサートレポ。感極まるものがあります・・
やっぱソクンの努力と頑張りには感服します。
こんなにビックスターになったsgに入り込んでペン達に認めてもらえるのか、不安でたまらなかったんだろうに。今ではすっかりすっち師匠にも認められ、さぞかしソクンもホッとしてることでしょう。。(笑)

私はジノの「oh happy day!!」生声でこれが聞きたくてたまらなかとです!!私ジノにこれ歌ってもらいたかったんです!和田あきこのように・・
あーうらやまし~~音源ないかしら・・(笑)

ヨンジュンソロの高さとか、ジノの後ろに立ってる白いものとか、すっちさんのいつも背中を見つめてる視線とか、、(笑)つっこみどころは数知れずなんですが、とりあえず、この感動のままで終わります~

ほんとにたくさんの感動レポお疲れ様でしたー!来年もよろしくね♪♪
by meron (2008-11-05 00:40) 

すっち

☆meronさま☆
あら、やだ、meronさんが珍しく真面目なコメントを!(笑)

ヨンジュンのクレーンとか、ジノの後ろの白いもの(ジノの友達ですってば)、背中見つめてる視線とか、つっこんでくださいよー。

ジノの「Oh Happy Day」よかったです。
ホント、R&Bって感じでした。
ジノと和田アキコ、一度共演してみてほしいですねぇー。
(たやすくその様子が目に浮かびましたが)

ってことで、また来年も韓国コンサートいらしてくらさいねー。
by すっち (2008-11-05 21:01) 

レディースバッグ

miumiu アウトレット
レディースバッグ http://www.edhardycheapoutlet.com/ショルダーポシェット-so9vi-8.html
by レディースバッグ (2013-10-24 10:31) 

財布 ブランド レディース

財布 激安
財布 ブランド レディース http://www.cardiag-shop.net/miu-miuミュウミュウ-8rpsxp-1.html
by 財布 ブランド レディース (2013-10-24 10:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。