So-net無料ブログ作成
検索選択

ドンハ出演ミュージカル「アンニョン フランチェスカ」 [sg WANNA BEバカ日記]

前にも書いたことがありますが、私はミュージカルってのが苦手です。

前にも書きましたが、歌を聴くのは好きなんですが、ドラマや映画を観るのは好きなんですが、セリフを歌で表現して踊り出すってのがどうにも…なので、ミュージカルといえば昨年ドンハが出演した「フットルース」を観た位です。

で、ミュージカルは苦手ですが、ドンハは好きです。

なので今日はドンハが出演するミュージカル「안녕 프란체스카(アンニョン フランチェスカ)」を観て来ました。

musical6.jpg

 

sgを脱退してしばらくお休みをしていたドンハがこのミュージカルに出演するという知らせが入ったのが…いつだっけな?多分8月の初め頃だったと思います。
そのニュースを知り、ソロとして第一歩を踏み出したドンハを是非とも応援してあげたい、成長したドンハを見たいと思っていました。

けど、なかなか都合がつかなかったりで「いつ行こうかなーいつか行きたいなー」と思いつつも日程を決められずにいました。
ところが、昨日に久々に高校生ファンのダジンから「明日ドンハオッパのミュージカル行かない?サイン会があるから行きたいんだけど一緒に行く人が居なくて(涙)」という誘いが…。

そう、ミュージカル初日の今日は公演後に出演者達によるサイン会が開催されるということだったんで私も行きたいなぁと思っていたんです。
実は今日は別に予定が入っていたんですがちょうど変更になってヒマだったので「それなら付き合ってやろう!」となりました(笑)。

 

8時からの公演ということで、「明日おばあちゃんの家に行く電車の切符を買わなきゃいけない」というダジンと竜山駅で7時過ぎに待ち合わせしチュソクで地方へ行く為に切符を求める大行列に並ぶのに付き合い、その後国立中央博物館前まで行くバスがあったのでそれに乗って行くことに。

ところがところが!今日はチュソク連休の前日、ソウル市内の道路のいたるところで大渋滞発生中、竜山駅の前の道路も地方へ出ようとしている車で大渋滞でした。
でもミュージカルのチケットを予め買っていた訳ではなく、「この際席はどこでもいいさねー」と一番安い席で観るつもりをしていたのでちょっと遅れてもいいかーなんていいながら8時過ぎに到着しました。

国立中央博物館内にある劇場“竜”が公演が行われる会場です。
会場前には「アンニョン フランチェスカ」の垂れ幕が、中に入ったら大きなポスターがバーン、会場もすごく立派で昨年の「フットルース」の時よりもスケールの大きさをひしひし感じます。
…実は「開演後にチケット購入したら少し割引してくれないかしら?」なんていう考えもあってゆっくり行ったんですが、きっちりした会場だけあってそんな事言い出せる雰囲気じゃありませんでした、全然。

ということで、普通に一番安い2階席のチケットを購入、ホールの中からはセリフが聞こえて来てもうすっかり始まってる様子、開演時間が遅れのるが日常茶飯事な韓国の公演ですが今日はちゃんと守られているみたいです。きっちりしていますね。
ゆえに、入ろうとしたら「今公演中なので入場できません。幕が変わる時に入っていただけますので10分程待ってください」と係のお姉さんの指示もきっちりしています。

 

「色々ときっちりしてるなぁ」なんて韓国らしくない雰囲気に感心しながらそんなこんなで15分程遅れてようやく入場して席に着き、ミュージカル鑑賞スタート。

 

…これからご覧になる方も多いと思うのでミュージカルの内容については書かないでおきますが、超簡単に説明だけしておくと、同名のシットコムドラマをミュージカル化したもので、婚約を破棄したカン伯爵を探して韓国までやって来たルーマニアのバンパイア・フランチェスカとバンパイア一族、そして彼らをめぐる人間達との騒動を描いたコメディー作品。
その中でドンハは、バンパイア一族の中で一番若く(といっても200歳)て男前ながらもちょっと頭が弱い(?)という“キョン”を演じています。

で、私が見始めたのは、地下鉄の中でフランチェスカをはじめとするバンパイア一行が引き起こす騒動のシーンでした。
その中には遠目でも分かる懐かしいドンハの姿が!
そして、ちょっぴり鼻声のような舌ったらずのような話し方…やっぱりドンハに間違いありません。
以前に比べるとちょっぴりふっくらしたように見えるドンハ…2階席からだと細かい表情までは見えませんが、ミュージカル俳優として舞台に立っている姿を見ながら「あぁ、新しい一歩を踏み出したんだね」とか思うとなんとなくジーンとしました。

話し方や姿は変わっていないドンハに明らかな変化を私が感じたのは劇中に歌い出した時。
sgのメンバーとして歌っていた時とは明らかに歌声が…歌い方が違うんです。
なんと表現していいのかわかりませんが、今舞台の上で歌っているドンハは“ミュージカル俳優”らしい歌声なんです。
歌手として歌っていた時とは違って声に張りを持たせているというか、歌詞をセリフとしてはっきり伝えるような感じというか…普段ミュージカルを観ない私なもんで正しい事はわかりませんが、ドンハの歌声の変化を聴きながら「これがミュージカルの歌い方なんだな」と思いました。

前回の「フットルース」では主演だった為出番が多かったのですが、今回は脇役の為セリフやソロパートはちょっと少なめ。
それでもオトボケキャラのキョンらしさを出す為の細々した演技をしていました。

そんな中、ミュージカル俳優ドンハの一番の見せ所が1幕の後半にやって来ました。
献血カーで偶然知ったチョコパイがあまりにも美味しくて心を奪われたキョンがチョコパイへの愛(?)を熱く歌う“チョコパイソング”です。
ドンハお得意のロックっぽいメロディーのチョコパイソングを歌うドンハがすっごくかっこよかったです。

すっごく真面目に歌ってるんですけど、歌詞は「チョコパイ、全部オレが食べるんだー」とかすごい笑けるんですけどね…。

そんな感じで笑いどころ盛り沢山で1部が終了、15分間の休憩タイムになったので飲み物を買いに1階ロビーに下りてみたら売店にフランチェスカグッズが。
普段ミュージカルを観に行ってないので一概には言えませんが、日本と違ってこういうグッズ販売ってのが少ない韓国でこんな風にチケットケースやタンブラー、Tシャツ等のグッズ販売って珍しいような…。
んで、明らかに「ドンハ目当ての観客」をターゲットにしてるんだろうなぁという色が見えてちょっと…でした。

 

後半が始まり、ストーリーが展開していく中でまたまたドンハの見せどころ(聴かせどころ)がやって来、前半の「チョコパイソング」とは違った、じっくりとソロで歌うシーンがあり胸にジーンと響きました。
私がミュージカルに出演しているドンハを観るのって「フットルース」の初演以来なのでその当時のドンハと比較してはいけないのかもしれませんが、今日の舞台のドンハは発声にしてもダンスにしても1年で本当に成長したなぁと感じました。

ラストがちょっとあっけないような感じでしたがコミカルな雰囲気が伝わって来た面白いミュージカルでしたし、ドンハもキョンのキャラクターをうまく作っていて良かったと思いました。
主役のフランチェスカ役のチェ・ジョウンウォンさんは有名なミュージカル俳優さんだけあって「さすが!」な歌声でしたし。

ただ、2階の席だったからかわかりませんがところどころ舞台の上の俳優さん達の声が聞こえにくくてセリフが聞き取れず、また最初の15分を見逃したというのもあってストーリーを把握しきれないまま見終わってしまった感がありました。
私が韓国にやって来た2005年に「アンニョン フランチェスカ」の“シーズン3”が放送していて、当時言葉もわからずにちょこっとだけ見た記憶はあったのですが、今回のミュージカルに登場する人物やあらすじのモトになっているのはオリジナルのフランチェスカだったようで私が見たことのあったドラマと印象が違っていて、予備知識が全く無い状態よりも逆に混乱してしまったというのがあったのかもしれません。

…で、全体的に特別に感動したシーンや耳に残るメロディーってのがあんまり無かったように感じ、終わってみると頭に一番残ったのは「チョコパイソング」だった私って…(汗)。

ミュージカルファンの方からお怒りを受けるような感想ですんません。
何度も言いますが、なにせミュージカルってのが元々苦手なもんで。

 

とはいえ、ドンハの再出発を見ることが出来て大満足。
でもこれからまだ楽しみににしていたサイン会があります。
ロビーに出ると1階席の出口付近に長机と椅子が用意されており、サイン会はここで行われるようです。

…sgのサイン会なら当然CDにサインしてもらったらいいのですが、ミュージカル俳優となったドンハをはじめ共演の俳優さんにsgのCDへサインをもらうわけにもいきません。(一応sgのCDは持参していましたが…)
ということで、最初は「買わなくてもいいかー」と思っていたミュージカルのパンフレットをやっぱり購入することにしました。
ちゃんとしたオールカラーのパンフレット、高いかなぁ…と躊躇していたのですが5000wと思いの外安くて有難かったです。

 

公演が終わって20分程したころだったでしょうか…サイン会の席に主演俳優さん達が現れました。
女性陣はメークも落とさずステージ衣装のままで登場、準主役ドゥイル役のチョン・ホグンさんとドンハの男優二人はメークを落として私服に着替えて登場。
キレイなメーク&ステージ衣装の女優さんの間にすごいラフな服装に真っ赤なビーニー&サングラスのドンハ、不思議な感じでした(笑)。

ソフィア役のチュ・ジョンファさん、ドゥイル役のチョン・ホグンさん、フランチェスカ役のチェ・ジョンウォンさん、そしてドンハ、イ・ヒジン役のチョ・ヨンギョンさん…という順番で全員からサインをもらえるとのこと。
しかしやっぱりドンハお目当てのファンが多く、皆ドンハ前で滞りがちでプレゼントも圧倒的にドンハへの物が多かったです。
そんな様子を見ていると、他の先輩俳優さん達を差し置いてドンハが中心になってしまいちょっと居心地悪くないかなぁなんてちょっぴり思ってしまいましたが、正直言ってドンハが出演するということもあってこのミュージカルのお客さんも増えている訳ですからその辺は他の俳優さん達も理解されていたことと思います。

正直言ってドンハ以外の俳優さんをよく知らないのでサインをもらう時に大した事も言えず「ミュージカル、よかったです」位しか言えませんでしたが、チェ・ジョンウォンさんは間近で見たらすごく魅力的な雰囲気で「近くで見たら一層おきれいですね」と言わずにいられませんでした。
で、サインを書いてくれる時も名前を聞いてくれようとしたので名前を伝えて「日本人です」と言うと「コンニチワ~~」と笑顔で言ってくれたりステキな方でした。

ジョンウォンさんの次はいよいよドンハ。
久々に間近で見るドンハに一方的に懐かしさを感じましたが、ドンハにとって顔なじみのファンが沢山応援に来ていた中、私なんて大してファンじゃないという思いと、今日はミュージカル俳優としてのドンハからサインを貰うのだという思いが強かったので「ミュージカル、すごく良かったです。お上手でした!」とミュージカルの感想だけを伝えてパンフレットのキョン役のキャスト紹介写真が載っているところにサインをもらうことにしました。

ところが、黒い背景に黒い衣装を着たドンハの写真の上に黒い細マジックでサインを書くので全然見えません…。

musical5.jpg

辛うじて見えます??
思わず「あら、見えませんねぇ…」と言ってしまったからか、その後に私の名前を伝えたところ「どこに書こう…」という様子でペンを持った手を泳がせ、唯一明るいトーンの自分の顔の上に一瞬ペンを持っていきましたが「自分の顔の上には書けねぇぜ」と思ったのか結局真っ黒な背景の部分に書いてくれました。

musical4.jpg

この写真では光のあて具合で比較的見えていますが、実物では殆ど同化して見えません…(涙)。
まぁ、いいんです。サインを貰うという行為に意味があるんですから。

 

サイン会はそれほど時間はかからず30分程で終了。
「チュソク、よくお過ごし下さいね」とファンに向かって挨拶の言葉を伝えて会場を去って行きました。

そう、今日は公演初日、しかもチュソクの前日ということもあってちょっと客の入りは良くはなかったですが、これから評判を呼んでどんどん観客が増えて行くでしょう。
新しい道を歩き出したドンハの姿…機会があれば是非皆さんも会場で見ていただけたら嬉しいです。

 

ミュージカル公演中は撮影禁止だったので、終了後のサイン会の時の写真だけ…。
(サイン会も最初は撮影NGと言っていたのですが始まってみれば皆撮っていたので私も便乗)

musical3.jpg

musical2.jpg

 

 

 


nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 8

西亜

いやいや十分熱気が伝わってきましたよ!
ミュージカル見るのが楽しみになりました~
忙しいのにがんばって書いてくれてありがとうー
チョコパイソング、ちょっと動画見たけれど、いい感じだったね。
by 西亜 (2008-09-24 17:34) 

アッコリ

ドンハは好きだけどミュージカルは苦手なすっちさんの
リアルなレポ、楽しかったです^^
ダジンちゃんも優しいオンニと一緒でよかったね。

韓国のミュージカル界の事はよくわかりませんが、
いろいろな書き込みを読むと、「フットルース」は小劇場っぽくて、
「アンニョン・・・」は商業演劇っぽい雰囲気がします。日本の演劇界に当てはめると。
(日本では、歌って踊っているような作品でも小さな所で演っているような物は
小劇場のカテゴリーに入っているような・・・。違ってたらすみません)
ま、どうでも良いことなんですが、
「アンニョン・・・」がキッチリしているのはそんな違いがあるのかと
思ったもので^^;

でも、ミュージカル俳優として成長したドンハの姿が見られて良かったですね。
先日のドンハの充実したメッセージといい、本当に嬉しいです。

しかし、ドンハや(アニ、マネージャーさんか^^;)、
もしこれからもサイン会があるんだったら、白か銀色のマジック用意したら
いかがでしょ(笑)
by アッコリ (2008-09-25 02:37) 

陽子

ダジンちゃんだったんですね~
相変わらず、グッジョブです♪

感想blog、何人かの読んだけど、みなさん、主演のジョンウォンさんを
褒めてらっさるので、すっごく楽しみです^^(ミュージカル好きとしては☆)

ドンハはどのくらい踊れているか?が、ちょいと心配・・・
あぁ、私も早く見たいわ~ あと9日・・・我慢ですっっ!!


by 陽子 (2008-09-25 07:59) 

BlogPetのかんあじ

きのうは開演したいなぁ。

by BlogPetのかんあじ (2008-09-25 13:29) 

あき

レポありがとうございます!

サイン、黒地に黒はキツイですよね(^_^;)
あのゴールドマジック持参で行けばよかったですね。。。

「チョコパイソング」はラジオ出演の音聴いて、観る前から耳に残ってるわ~♪
by あき (2008-09-25 22:09) 

pul-chang

やはり、すっちさん、観に行かれてたのですね!

韓国のマートで、手にし、そして買ったものは、チョコパイでした・・・。
秋夕ごろに放送された番組でドンハくんが歌っていた動画をみました。
それだけでは、ミュージカル俳優っぽい歌い方、というのはわかりませんでした。
それだけに、今回観られなくて残念でしたが、
金曜日、明洞でフランチェスカの大きな広告を見て、
すっごく胸があつくなりました。。
もちろん、翌日はまたもや熱くなりましたよ(笑)!!
by pul-chang (2008-09-28 17:19) 

すっち

すっごい遅いレスですが…(汗)

☆西亜さま☆
ミュージカルに詳しくない私じゃこんなレポで精一杯だす…。
チョコパイソングは可愛かったですね、ホント。

西亜さんのご感想、楽しみにしてますよー。

☆アッコリさま☆
えぇ、やっぱりミュージカルは嫌いじゃないけどちょっと苦手だなぁ…と感じたこの日でした(笑)。
でもドンハは好きですから!!

そうですね、「フットルース」と「フランチェスカ」を比較してみると公演会場、宣伝等々色々な面で規模が違うなぁと感じました。

サイン会のマジックはまぁ仕方ないですかねー、他の俳優さんもオール黒でした。
ま、サインをもらうことに意義があるので…。

☆陽子さま☆
ダジン、ドンハからサインもらう時に結構おしゃべりをしていて「オッパ、私は今年高3なんです」というと「そうか、ダジンももう高3かぁ」と答えたり、手紙を渡したら「皆プレゼントを一緒にくれるのに手紙だけをくれるのはお前くらいだよ」と相変わらずドンハ節をはいていたそうです。ドンハらしいでしょ?

いよいよ今週、ミュージカル好き陽子さんのご感想を楽しみにしてます!

☆あきさま☆
そう、あのゴールドマジックを持参していれば…と何度後悔したことか(涙)。

チョコパイソング、なんとなく耳に残る曲ですよね。
「ネガタモグルコヤー」って時々口ずさんでしまうことも…(笑)。

☆pul-changさま☆
チョコパイ、似たのが各メーカーから出てますがちゃんと「情」をご購入されましたか!?(笑)

「フランチェスカ」はかなり大々的に広報されていて街中でポスターが貼られているのを沢山見ますよね。
嬉しいです。

で、水原ではお会いできて嬉しかったです。
あの日もいいコンサートでしたよね。
pul-changさんにもご満足いただける内容だったでしょうか?
by すっち (2008-09-30 21:46) 

フェチかも

顔面騎乗、足フェチプレイ等、妖艶な女王様にたっぷり可愛がってもらえるよ(*´ω`)★ http://b8y.in/
by フェチかも (2012-09-17 16:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。